芸能

永六輔氏 車いすダンスで2020年東京パラリンピック出場計画

 2010年、パーキンソン病と前立腺がんであることを公表し、治療とリハビリを続けながら現在も活動を続けている永六輔氏(80)を、吉田豪氏(プロインタビュアー)が深掘りインタビュー。オリンピック反対の立場をとる永氏だが……。

──いまや数少ないオリンピック反対派ですもんね。

永:うん。ただ、いまからする話は半分嘘です。って言うのもあれだけど(笑)。松島トモ子さんに「来週トークショーのステージをやるから手伝ってほしい」って言われて、何を手伝うのかと思ったら、車いすダンスを踊りたいって言うんですね。僕は、車いすには乗ってるけどダンスはできない。でも「大丈夫だから付き合ってほしい」って言うので、昨日スタジオに行って。

──練習したんですか!

永:練習したの。

──踊れそうなんですか?

永:練習して絶望的になってるんだよな(笑)。それからもうひとつ大事なことは、パラリンピックですよね。車いすダンスっていうのは、もうひと押しで種目に入れる段階で、いま入ってないんですって。だから、もし入れたらば、僕と松島トモ子さんが組んで、そこに参加するの。

──7年後に向けて!

永:パラリンピックに出るという、思いもよらないとんでもない話になって。

──オリンピックには反対してたけど出る羽目になるかもしれない、と(笑)。

永:そういうのって、面白いでしょ。みんなに笑われるだろうと思うけど。80歳過ぎて参加できるなんて、ほかの競技にないわけです。で、そのへんをラジオで味方をつければいいので。

──なるほど、世論をうまいこと誘導して(笑)。

永:前に僕は尺貫法復権運動(*注)を、ラジオを使ってやったでしょ。それと同じように、ラジオで語りかけて、永六輔をパラリンピックに出す運動っていうのをやりません?

【*注】長さを尺、重さを貫で表わす尺貫法がメートル法の施行以来、禁止されたことに異を唱え、1976年からTBSラジオ『誰かとどこかで』を中心に復権運動を展開。結果として、尺貫法の使用が容認されることになった。

──永さんが7年後も元気でいられるのならいくらでも乗ります!

永:ちょっとだけ希望があるのは、トモ子さんは車いすダンスのワールドカップで優勝してるんですよ。彼女は元スターだから、還暦まで電車に乗ったことがないの。そういうスターは、昔、いっぱいいたの。坂本九にしても、ものを買うっていうのができなかったね。これを買ってきてって言うと、どうしたらいいのかわからないの。小さいときから周りが全部やっちゃうから。

 だから、僕をパラリンピックに出そうとするのは、元スターの発想なんですよ。相手のことなんか全然考えてないの(笑)。そこが面白い。いろんな人がいてホント面白いですね。

■永六輔(えい・ろくすけ)1933年、東京・浅草出身。中学時代にNHKラジオ『日曜娯楽版』へ投稿を開始。早稲田大学在学中より本格的に放送の世界に関わる。以後、放送番組の作家、作詞家、語り手、歌手、文筆家として幅広く活躍。2010年、パーキンソン病と前立腺がんであることを公表し、治療とリハビリを続けながら現在も活動を続けている。

※週刊ポスト2013年10月25日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン