ライフ

専門家「血行よくなり新陳代謝上がる」と炭酸の美容効果認定

 近頃流行っている「炭酸美容」。本当に効果はあるのだろうか。

「炭酸は、古くからドイツでは、高血圧などの循環器系の病気治療にも用いられてきました。その力は、科学的にも証明されています」

 と語るのは、炭酸研究の第一人者、国際医療福祉大学の前田眞治さん。

「炭酸のなかでもいちばん手に入れやすい炭酸水は、水に二酸化炭素(炭酸ガス)が溶け込んだもの。二酸化炭素は分子が非常に小さく、肌への浸透力が高い。皮膚を通り血管内に入った二酸化炭素が血管を拡張、血流量が増えます。結果、血行がよくなり、新陳代謝も上がるんです」(前田さん)

 さらに炭酸美容家の高橋弘美さんは「炭酸には汚れを落とす働きもあります」という。

「毛穴に付いた汚れや皮脂を泡が絡め取るので、炭酸入りクレンジング剤なども増加中。頭皮ケアにもおすすめです。また、硬くなった角質を柔らかくする働きもあり、飲むだけでなく美容アイテムとして全身に使えます」(高橋さん)

 使用する炭酸水は市販の飲料用のものでOK。

「当然飲んでも○。飲む量により、ダイエットや便秘解消、デトックスなどさまざまな効果を得られます。美容にも健康にも良い炭酸生活、ぜひ始めてみて!」(前田さん)

※女性セブン2013年11月7日号

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン