• TOP
  • スポーツ
  • 元阪急・名スカウト指南 どんな口堅い人でも場が和む会話術

スポーツ

2013.10.25 07:00  週刊ポスト

元阪急・名スカウト指南 どんな口堅い人でも場が和む会話術

 プロ野球界において、各チームに必ず存在するのが、全国を回って有力選手を探しだすスカウトたち。名スカウトとして有名だった元阪急の丸尾千年次について、スポーツライターの永谷脩氏が綴る。

 * * *
 松井裕樹(桐光学園)は、森友哉(大阪桐蔭)は、どの球団に指名されるのか。24日のドラフト会議で彼らの運命が決まる。かつてパ・リーグ広報部長だった伊東一雄が読み上げていた、「第一回選択希望選手、読売……」という声を、神の声にも似た心境で聞く人も多かった。

 そんなドラフト制度ができる前から、名スカウトとして有名だったのが丸尾千年次だ。阪急では投手として7勝9敗。引退後、1950年にスカウトに転向し、米田哲也や山田久志らを発掘、江川卓の交渉も担当した。

「高校野球がまだ木製バットの時代には、甲子園大会中、居眠りをしていても、芯を捉えた音はすぐにわかった。金属バットになって芯がなくなったから、いい打者かどうか、音で判断できなくなった」

 丸尾はこうこぼしていたが、酔うと「俺はどうせ人買い稼業だよ」と、自嘲気味に語っていたのを思い出す。

 重たそうなバッグには、当時のスカウトの「8つ道具」が入っていた。カメラ、録音テープ、スコアブックにメモ帳、赤黒2色のボールペンには必ず替え芯が2本。全国各地を回るための時刻表に、日本のどこでも金を下ろせる郵便局の通帳に加えて、正露丸。今では考えられないような手作業で、選手の発掘のため、全国に足を運んでいた。

 酒を飲みながら、軽い口調で人との接し方の一端を話してくれた。それは、一般の社会人にも役立つことだった。

「初めての家を訪問する時には約束の1時間前に到着し、家の周りをぐるりと回ると、家主の趣味が分かる。それをきっかけに話に入れば、どんな口の堅い人でも場は和むものだよ」
「初対面の人に会いに行くときには必ず手土産を下げていけ。駅の売店で買ってはダメ。地元の名産品がいい。手短に済ませたと思われたくないからね」

 有望選手の名前は、絶対に自分の口からは教えてくれなかった。ただトイレに立った時、普通は裏返しにして置くリストが、無造作に表のまま置かれていたことがあった。「見るのは勝手」という意志表示、しっかりと瞼に焼き付けた。そんな粋なことができる人だった。

 古き良き曖昧な文化の中に生きた、職人がそこにいた。

※週刊ポスト2013年11月1日号

関連記事

トピックス