• TOP
  • ライフ
  • 眺めると金運UPに繋がる? 紅葉スポットに近い宝くじ売り場

ライフ

2013.10.28 16:00  女性セブン

眺めると金運UPに繋がる? 紅葉スポットに近い宝くじ売り場

 風になびいて舞い落ちるいちょうやかえでの葉。10月上旬から紅葉が始まった北海道を皮切りに、11月に入ると全国で色鮮やかな紅葉を楽しめそうだ。

「紅葉は、日光が関係して起こる現象です。今年の夏は猛暑だったので、木々の葉は例年以上に、“陽の気”を蓄えています。目にも鮮やかな紅葉は、眺めるだけで金運アップに繋がりますよ」と話すのは、風水師の生田目浩美さん。

 そこで今回は、生田目さんが厳選した紅葉スポットにほど近い高額当せん売り場を紹介。1等・前後賞7000万円が当たる「幸運の女神くじ」も発売中なので、秋のレジャーを楽しみながら高額当せんを目指そう。

●「国営昭和記念公園」(東京都立川市、見頃:11月上旬~12月上旬)

 日本庭園にある300本のもみじの紅葉も有名だが、なんといってもこの季節は500mにおよぶ“いちょう並木”が見もの。

「立川ルミネチャンスセンター」はそこから歩いて10分のJR立川駅の駅ビル内にある。これまでの当せん金額は合計40億円以上。同売り場の吉田和弘さんは「駅前の再開発が済み、購入客数も当せん本数も増えてます。公園で紅葉狩りを楽しんだ帰りに、宝くじを買うお客さんも多いですよ」と話す。

●「昇仙峡」(山梨県甲府市、見頃:11月上旬~中旬)

 新日本観光地百選の渓谷部門1位に選ばれたこともある絶景スポット。入り口の「長潭橋」から、落差30mを誇る「仙娥滝」までは約5kmの遊歩道が整備されていて、かえでやもみじのほか、赤く色づく秋の葉ざくらをゆったりと楽しめる。金運上昇が望めるという「金桜神社」や、武田信玄を御祭神として祀り、勝負運がアップする「武田神社」も近くにあり、パワースポットとしても有名だ。

 昇仙峡の最寄りの高額当せん宝くじ売り場が「甲府昭和イトーヨーカドーチャンスセンター」。

 販売員の望月まり子さんは、今年の夏に富士山が世界遺産登録されたのを記念して富士登山に挑戦した。

「山頂にある浅間大社で受けた御札を売り場に掲げたら、今年のサマージャンボで1等・前後賞5億円が出たんです! 登山は大変でしたが、登った甲斐がありました」

 と話す。この勢いで、さらなる高額当せんが期待できそうだ。

※女性セブン2013年11月7日号

関連記事

トピックス