サマージャンボ一覧

【サマージャンボ】に関するニュースを集めたページです。

現在発売中のサマージャンボ宝くじ
サマージャンボよりも一攫千金が狙えるBIG・MEGA BIG スポーツくじの賢い買い方
 新型コロナの影響で、今年の夏休みも旅行や帰省を自粛する人が多い。東京五輪のほとんどの試合が無観客となったのをはじめ、さまざまなイベントが中止や人数制限での開催となった。そんな中、コロナ禍でも行われているスポーツくじの魅力が高まっている。代表格のBIGとMEGA BIGについて、ニッセイ基礎研究所主席研究員の篠原拓也氏が、当せん確率や当せん金額を考察する。 * * * 新型コロナは、日本ではワクチン接種は進んできたものの、デルタ株(インド型)などの変異株の拡大がはやく、首都圏1都3県などに、感染の第5波が襲来している。東京オリンピック・パラリンピックをはじめ、この夏のさまざまなイベントが無観客や人数制限での開催や中止に追い込まれている。 そんな中、スポーツくじに注目が集まっている。今回はコロナ禍でも行われているスポーツくじについて見ていこう。BIGやMEGA BIGの醍醐味 スポーツくじには、いくつかの種類がある。大きく分けると、コンピュータがランダムに試合結果を選択するBIGやMEGA BIGと、くじを買う人が試合結果を予想するtotoがある。 BIGやMEGA BIGは、宝くじと同じように単純にくじを楽しみたいという人向けだ。くじの売り場やコンビニエンスストアなどで気軽に買って、あとは結果がどうなるかを楽しむだけだ。 一方、対戦する両チームの戦力分析をしたり、過去の対戦成績を見たりしながら、試合結果の予想を楽しみたいという人にはtotoがオススメとなる。 それでは、単なるくじとして楽しむための BIGやMEGA BIGには、どのような特徴があるのか? 少し見ていくこととしたい。BIG=6億円、MEGA BIG=12億円が当たるチャンス まず、BIGについて見ていこう。じつはBIGにはいくつかの種類がある。ここでは、代表的なものとして、指定されたサッカー14試合の90分間の試合結果を対象とするものについて見ていこう。 1つの試合には、ホームチームの「勝ち」「負け」「その他(引き分け・延長)」の3通りの結果がありうる。14試合すべてについて、コンピュータの選択した結果が実際の試合結果と一致した場合に1等当せんとなる。 1口は300円で、1等はキャリーオーバーがない場合最高3億円。キャリーオーバーがある場合最高6億円となる。当せん金は売上金額や当せん口数によって変動する。8月2日時点で1等のキャリーオーバーは28億円となっている。 次に、MEGA BIGについて見ていこう。MEGA BIGは指定されたサッカー12試合の90分間の試合結果が、くじの対象となる。ただし、試合結果といっても、BIGのようにゲームの勝敗が対象になるわけではない。対戦する両チームの合計得点数が対象となる。 1つのゲームの合計得点数について、「1点以下=【1】」、「2点=【2】」、「3点=【3】」、「4点以上=【4】」の4通りの試合結果がありうる。12試合すべてについて、コンピュータの選択した結果が実際の試合結果と一致した場合に1等当せんとなる。 MEGA BIGも1口300円で、1等はキャリーオーバーがない場合は最高7億円。キャリーオーバーがある場合は最高12億円となる。8月2日時点で1等のキャリーオーバーは19億円となっている。変動するスポーツくじの当せん確率 BIGやMEGA BIGなどのスポーツくじが、宝くじと異なる点は何か。大きく異なる点は、1枚のくじの当せん確率が同じとは限らないというところだろう。宝くじならば何組の何番であろうと当せん確率は変わらない。どの番号のくじでも当せん確率は同じだ。 しかし、スポーツくじの場合はそうとは言い切れない。BIGは対象となるサッカーの試合で「勝ち」「負け」「その他(引き分け・延長)」が同じように出るとは限らない。また、MEGA BIGは【1】【2】【3】【4】の結果が均等に出るとは言えない。その結果、くじを買うときのコンピュータの選択に応じて、それぞれのくじの当せん確率に違いが出ると考えられる。 したがって、スポーツくじの当せん確率を精緻に計算しようと思ったら、まず指定された各試合について、過去の対戦成績などをもとに結果の確率分布を見極める。そのうえで、それらを組み合わせて当せん確率を計算するということになる。 もし、リーグ戦の順位争いなどに関係して、各試合の結果に相関関係があると想定される場合は、各試合の確率分布を独立に見極めることができなくなるため、計算はさらに複雑なものとなる。サマージャンボの2倍あるBIGの当せん確率 そこで、そういった精緻な計算は行わずに、面倒な話は忘れて単純に考えることにしよう。 まずBIGは、対象の14試合について、それぞれ3通りの結果がありうる。つまり、3の14乗で478万2969通りの結果がありうるわけだ。これらの結果が同じ確率で起こると仮定すれば、1等の当せん確率は0.00002%(=1÷478万2969)となる。 宝くじの1等の当せん確率は、1等前後賞合わせて7億円のサマージャンボは0.00001%となっている。つまり、BIGはサマージャンボの2倍、1等の当せん確率が大きいことになる。 キャリーオーバーが発生していれば、BIGの1等の当せん金は最高6億円となる。サマージャンボの7億円はやや下回るが、1等の当せん金として遜色ない金額といえるだろう。サマージャンボを上回るMEGA BIGの1等当せん金 次にMEGA BIGについてはどうか。MEGA BIGは対象の12試合について、それぞれ4通りの結果がありうる。つまり、4の12乗で1677万7216通りの結果がありうるわけだ。これらの結果が、同じ確率で起こると仮定すれば、1等の当せん確率は、0.000006%(=1÷1677万7216)となる。 つまり、MEGA BIGの1等の当せん確率は、サマージャンボの約6割となる。 MEGA BIGでキャリーオーバーが発生していれば、1等の当せん金は最高12億円で、サマージャンボを5億円も上回る。この12億円という金額は、年末ジャンボの1等前後賞合わせて10億円をも上回るもので、公営競技を除いてこれまでの日本くじ史上最高額となっている。宝くじと組み合わせる「一攫千金ポートフォリオ」 くじを一攫千金の点で比べてみよう。 BIGはサマージャンボに比べて、1等の当せん金額はやや下回るが、当せん確率は2倍大きい。一方、MEGA BIGはサマージャンボに比べて当せん確率は低いが、当せん金額は5億円高い。 つまり、一攫千金の度合いでいうと、サマージャンボの下にBIG、上にMEGA BIGが位置することとなる。 このことを踏まえで、BIGやMEGA BIGをサマージャンボと組み合わせて購入してもいいだろう。たとえば、すでにサマージャンボを買ってある人は、より高確率の一攫千金の機会を得るためにBIGを買ったり、さらに高額の一攫千金を目指してMEGA BIGを買ったりするのもいい。 サマージャンボをまだ買っていない人は、当せん確率と当せん金額をにらみつつ、3つのくじを買い揃えて、自分だけの「一攫千金ポートフォリオ」を考えてみるのも一つの手だ。 1等最高12億円の夢にこだわりたければMEGA BIGを多めに買う。最高6億円で十分なので、あとは少しでも当せん確率を大きくしたい場合はBIGの購入額を増やす。そして、売上金額や当せん口数に関係なく、確実に1等前後賞合わせて7億円のくじを楽しみたいときはサマージャンボの比重を大きくする──という感じだ。 ただし、サマージャンボの発売期間は8月13日まで。BIGとMEGA BIGのキャリーオーバーは、抽せんの回ごとに変わるので注意が必要だ。 コロナ禍を宝くじやスポーツくじを楽しみながら乗り越える──これも、エンターテインメント面での行動変容の一つといえるだろう。
2021.08.04 07:00
NEWSポストセブン
サマージャンボ宝くじ今昔物語 42年前は購入するのも一苦労だった
サマージャンボ宝くじ今昔物語 42年前は購入するのも一苦労だった
 7月13日から8月13日まで、「サマージャンボ宝くじ」と「サマージャンボミニ」の2種類の宝くじが1枚300円で発売中だ。今年の「サマージャンボ宝くじ」は1等・前後賞合わせて7億円、「サマージャンボミニ」は同5000万円となっている。【画像】宝くじ高額当せん者に渡される冊子『その日から読む本 突然の幸運に戸惑わないために』 この「サマージャンボ宝くじ」が最初に発売されたのは、1979(昭和54)年8月のこと。当時は1枚200円で、1等賞金は2000万円。前後賞はなかったこともあり、いかに最近の宝くじの賞金が高くなっているかが実感できるだろう。 さらに当時は、購入する際には予約が必要という、とても面倒なシステムだった。まず、発売前の受付期間中に往復はがきで申し込み。すると、予約券が印刷された返信はがきが届く。その予約券がないと、宝くじを買うことができなかったのだ。しかも、1枚の予約券では10枚までしか買えず、予約券は1回限り有効なので、複数の売り場で買うこともできなかった。 そして当せんした場合、売り場で引き換えられる上限は1万円だった。それを超える金額を受け取るには、当時の第一勧業銀行(現在のみずほ銀行)の本支店に行かなければならなかった。 現在は、スマホやパソコンからいつでも宝くじを買うことができるほか、売り場での引き換えが5万円まで可能(一部の売り場を除く)になっている。宝くじの当せん金のみならず、購入と換金についても、42年前よりも便利になっていることは確かだろう。
2021.07.20 07:00
マネーポストWEB
今年も楽しめない夏休み、宝くじで一攫千金を狙いたい(時事通信フォト)
宝くじ夏の陣 当せん金や本数が様変わりした「サマージャンボ」の狙い目は?
 東京では4度目となる緊急事態宣言が出され、どうやら今年も“楽しめない夏休み”となりそう。そんな中でせめても気晴らしになるのが宝くじだ。7月13日からサマージャンボ宝くじが発売されるが、今回の宝くじでは何を狙うべきか──。ニッセイ基礎研究所主席研究員の篠原拓也氏が考察する。 * * * 新型コロナのワクチン接種が進んでいるが、デルタ株(インド型)などの変異株の拡大もあり、コロナ禍の収束は見通せない。東京では再び緊急事態宣言が発令され、さまざまなイベントが観客数の制限や、無観客に追い込まれている。その分、エンターテインメントとして、宝くじへの注目度が高まってくるだろう。 7月13日に発売されるサマージャンボ宝くじは、最高当せん金が1等前後賞合わせて7億円と高額だ。この7億円という金額は、5つあるジャンボ宝くじのなかでも、年末ジャンボの10億円に次ぐもので、まさに宝くじの“夏の陣”が、これから盛況を迎えるといったところだろう。 今回のサマージャンボ宝くじには、昨年から変更されている部分もある。その変更点をみながら、今年は何を狙うべきか考えてみよう。 サマージャンボ宝くじには、他のジャンボ宝くじと同様、「ジャンボ」と「ジャンボミニ」の2つがある。「1等前後賞合わせて7億円」のうたい文句で販売されるのは、サマージャンボだ。これに対して、サマージャンボミニの当せん金の最高額は、1等前後賞合わせて5000万円となっている。 それでは、サマージャンボは昨年と比べて何が変更となったか。主な変更点は5つあげられる。ジャンボは1万円以上の当せん本数が6割以上増加【1】3等(当せん金100万円)の当せん本数が、1ユニット(=1000万本)あたり30本から10本に減少。【2】4等(当せん金5万円)が新設され、当せん本数は1ユニットあたり100本とされた。【3】5等(当せん金1万円)の当せん本数が、1ユニットあたり6000本から1万本に増加。【4】これらの結果、1ユニットあたりの当せん本数は110万6134本から111万214本に増加。【5】1枚300円に対する当せん金の平均受取額は、141.99円から144.49円に2.5円増額。 この中で特に目を引くのが、【3】の5等1万円の当せん本数が増加する点だ。これにより、1万円以上の当せん金が当たるくじの本数は、1ユニットあたり、昨年の6134本から、今年は1万214本へと、6割以上増加する。 ただし、1万円以上の当せん金が当たるには、平均して、くじを980枚(29万4000円)も買う必要がある。やはり、サマージャンボは当せん金1万円を目指すというよりも、1等前後賞合わせて7億円を狙うための宝くじと位置づけられるだろう。ミニは当せん金5万円以上の本数が昨年の7倍以上に 一方、サマージャンボミニはどうか。サマージャンボと違って、当せん金の最高額は1等前後賞合わせて5000万円にとどまるが、その分、2等以下の当せんの期待は大きい。 じつは、サマージャンボミニは昨年のものから様変わりしている。昨年は1等に前後賞がなく、1等の当せん金は1000万円のみだった。昨年と比べると主な変更点は7つあげられる。【1】1等の当せん金が1000万円から3000万円に引き上げられ、1ユニットあたりの当せん本数は10本から4本に減少。【2】1等の前後賞(当せん金は各1000万円)が新設された。【3】2等(当せん金5万円)の当せん本数が、400本から3000本に増加。【4】3等(当せん金1万円)の当せん本数が、10万本から4万本に減少。【5】4等(当せん金3000円)が新設され、当せん本数は1ユニットあたり10万本とされた。【6】これらの結果、1ユニットあたりの当せん本数は110万410本から114万3012本に増加。【7】1枚300円に対する当せん金の平均受取額は、142円から135円に減少。 このうち、もっとも目を引くのは、【3】の当せん金5万円の当せん本数が増加する点だ。1ユニットあたりでみると、5万円以上が当たるくじの本数は、昨年の410本から、今年は3012本へと、なんと7倍以上に増加する。 一方、【4】の当せん金1万円の当せん本数の減少は気になる点だ。1ユニットあたりでみると、1万円以上が当たるくじの本数は、昨年の10万410本から、今年は4万3012本へと、なんと4割ほどにまで減ってしまう。 当せん金1万円から5万円へ、狙い目をシフト──これが、今年のサマージャンボミニの特徴といえるだろう。 なお、当せん金の平均受取額は、142円から135円に減少するので要注意だ。サマージャンボミニは、1等前後賞合わせて5000万円を狙いつつ、当せん金5万円以上を目指す宝くじに一新されたといえるだろう。2つのくじを買い揃えるのがコツ サマージャンボは、1等前後賞合わせて7億円を狙う宝くじ。サマージャンボミニは、1等前後賞合わせて5000万円を狙いつつ、当せん金5万円以上を目指す宝くじと、色分けされている。 7億円もの一攫千金を狙うか。それとも、5万円以上の当せん確率を高めるか。2種類のワクワク感を満足させるように、2つの宝くじを買い揃えるのが今年の買い方のコツといえるかもしれない。 今回の宝くじの発売期間は8月13日までで、まだ時間はたっぷりある。サマージャンボ宝くじを買うことで、“楽しめない夏休み”を少しでも楽しんでみてはいかかだろうか。
2021.07.13 07:00
NEWSポストセブン
1等賞金は3倍に! 昨年と大きく変わったサマージャンボミニの魅力
1等賞金は3倍に! 昨年と大きく変わったサマージャンボミニの魅力
 7月になり、宝くじファンにとって夏の風物詩ともいえるサマージャンボの登場が近付いてきた。1等・前後賞あわせて7億円の「サマージャンボ宝くじ」と、1等・前後賞あわせて5000万円の「サマージャンボミニ」の2種類が、どちらも1枚300円で7月13日から8月13日まで発売される。【写真】16歳で2.5億円の宝くじに当せんしたイギリス人のキャリーさん、喜びに満ち溢れる当時の様子 この2つのジャンボのうち、昨年と比べて大きく変わっているのが「サマージャンボミニ」だ。昨年と今年で1ユニット(1000万枚)当たりの当せん本数と確率を比べると、以下のようになる。【2020年のサマージャンボミニ】1等:1000万円(10本)=100万分の12等:5万円(400本)=25000分の13等:1万円(10万本)=100分の14等:300円(100万本)=10分の1【2021年のサマージャンボミニ】1等:3000万円(4本)=250万分の11等の前後賞:1000万円(8本)=125万分の12等:5万円(3000本)=3333分の13等:1万円(4万本)=250分の14等:3000円(10万本)=100分の15等:300円(100万本)=10分の1 これらを分析すると、今年の「サマージャンボミニ」には次の3つの特徴が浮かび上がる。◎1等賞金が昨年の3倍 昨年の1等は1000万円だったが、今年は3倍の3000万円。1枚でも買っていれば、300円が3000万円になる可能性があるということだ。◎1000万円以上が当たる確率が20%アップ 今年は1等の前後賞が復活したことで、1000万円以上が当たる確率は昨年よりも20%アップした。1000万円長者へのハードルがグッと下がった。◎5万円の確率が約8倍 2等の5万円も、昨年の約8倍という当たりやすさとなっている。全国で2万1000本が用意されていますので、どの売り場からも当せんのチャンスが期待できるだろう。 宝くじ公式サイトではすでに予約購入を受け付けている。発売が待ちきれないというかたは、インターネットで一足先に購入してみてはいかがだろうか。
2021.07.05 07:00
マネーポストWEB
今年のバレンタインジャンボミニは他のミニと比べて“甘い当せん確率”
今年のバレンタインジャンボミニは他のミニと比べて“甘い当せん確率”
 現在、2種類のバレンタインジャンボ宝くじが、全国の宝くじ売り場と宝くじ公式サイトで、1枚300円で好評発売中だ。バレンタインジャンボは1等前後賞あわせて3億円、バレンタインジャンボミニは1等前後賞合わせて3000万円、1万円以上の当せん本数は、2つのバレンタインジャンボ合計で50万本以上となっている。【写真】16歳で2.5億円の宝くじに当せんしたイギリス人のキャリーさん、喜びに満ち溢れる当時の様子 さて、バレンタインといえば甘いチョコレートを連想するだろうが、今回のバレンタインジャンボミニもその名の通り、“甘い当せん確率”が特徴だ。今年度に発売された5種類のジャンボミニの中で、1等と前後賞の当たる確率が最も高く設定されている。 具体的に各ジャンボミニの1等ならびに前後賞の当せん確率を見ていくと、ドリームジャンボミニ、サマージャンボミニ、ハロウィンジャンボミニは前後賞の設定がなく、当せん確率は1000万分の10。年末ジャンボミニは1000万分の12。そしてバレンタインジャンボミニは1000万分の15と、最も当たりやすくなっている。 さらに、5万円以上が最も当たりやすいのもバレンタインジャンボミニだ。同じくその当せん確率を見ていくと、ドリームジャンボミニが1000万分の1010、サマージャンボミニとハロウィンジャンボミニが1000万分の410、年末ジャンボミニが1000万分の4012。そしてバレンタインジャンボミニが1000万分の4015となっている。 1等前後賞あわせて最高3億円が当たるバレンタインジャンボも魅力的だが、ちょっとした贅沢を高確率で狙いたいなら、ミニの購入割合を多くする手もあるかもしれない。 なお、今年のバレンタインジャンボ宝くじの販売期間は3月5日までとなっているが、大安や一粒万倍日などの吉日とされている日(2月22日、27日、28日など)や最終日は、混雑が予想される。密を避けるという意味でも、余裕をもって早目に購入し、3月12日の抽せんを待つように心掛けたい。
2021.02.22 07:00
マネーポストWEB
今年の「年末ジャンボミニ」に注目すべき2つの理由
今年の「年末ジャンボミニ」に注目すべき2つの理由
 宝くじファンだけでなく、今や国民的行事とも言える冬の風物詩「年末ジャンボ宝くじ」が、12月25日まで全国の宝くじ売り場で発売中だ。1等前後賞あわせて最高10億円の超豪華賞金が魅力の「年末ジャンボ」と、1等前後賞あわせて5000万円が当たる「年末ジャンボミニ」の2種類が、どちらも1枚300円で発売されている。【写真】16歳で2.5億円の宝くじに当せんしたイギリス人のキャリーさん、喜びに満ち溢れる当時の様子 令和2年度に発売されたジャンボ宝くじは、ドリーム(5月)、サマー(7月)、ハロウィン(9月)、年末(11月)で、各ジャンボ宝くじと同時にジャンボミニも併売されている。そして今回の年末ジャンボミニは、次の2つの理由により、今年度に発売されたジャンボミニの中でも“狙いやすい”宝くじと言える。 1つ目は「1000万円以上に当たる確率」だ。1ユニット(1000万枚)あたりの1000万円以上の当せん本数は、他のミニが10本ずつなのに対して、年末ジャンボミニは12本。つまり当せん確率が2割もアップしている。また、同時発売中の年末ジャンボと比較しても、1000万円長者になる可能性は3倍以上もある。 2つ目は「2等の当たりやすさ」だ。1ユニットあたりの2等の当せん本数と金額を見ると、ドリームジャンボミニが1000本(10万円)、サマージャンボミニが400本(5万円)、ハロウィンジャンボミニが400本(5万円)、年末ジャンボミニが4000本(5万円)となっている。サマージャンボミニやハロウィンジャンボの2等も同じ5万円だが、年末ジャンボミニの方が10倍も当たりやすい。 さらに、年末ジャンボミニには前後賞が設定されているので、それを考慮すると、1枚で23回も当せん番号を照合する楽しみがある。 他のジャンボミニとは一味違う年末ジャンボミニで、プチ贅沢を狙ってみてはいかがだろうか。
2020.12.08 07:00
マネーポストWEB
男女共同購入でサマージャンボに高額当せんした人たちも
男女共同購入でサマージャンボに高額当せんした人たちも
 8月14日まで、2種類のサマージャンボが好評発売中だが、宝くじの当せん確率をアップさせるためには、どのような方法があるのだろうか。【画像】宝くじ高額当せん者だけが読める冊子『【その日】から読む本』 そのひとつが、1人で買うよりも多くの宝くじを買うことができる、仲間との共同購入(グループ買い)だ。過去にサマージャンボでも、その方法で高額当せんを射止めた人がいる。いくつかその実例を紹介しよう。 京都府で自営業をしている男性Iさん(54歳)は、知人女性3人と一緒にサマージャンボを共同購入した。買った宝くじは金運アップに効く風水にちなんで、黄色いものに入れて西の方角に置くことにしたそう。その効果があったのか、1等前後賞あわせて3億円に当せんした。 千葉県の男性Nさん(83歳)は、妻子と3人で共同購入した。いつもはNさんが買いに行っているのだが、このときはたまたま買い物に出かけるという娘に購入を依頼した。すると、2等1億円に的中した。換金の際には銀行に頼んで1億円の現金を用意してもらい、家族3人で実際に見て触って確かめたという。 ここで紹介した2つのエピソードは、はからずも男女混合のグループでの共同購入だった。なお、共同購入の際は、番号を抽せん前に参加者全員に知らせるなど、くれぐれもトラブルにならないよう気を付けてほしい。
2020.08.09 07:00
マネーポストWEB
支払期限間近、昨年のサマージャンボ宝くじの約20億円が未換金
支払期限間近、昨年のサマージャンボ宝くじの約20億円が未換金
 現在、1等前後賞合わせて最高7億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」と、1等1000万円が80本用意されている「サマージャンボミニ」という2種類のサマージャンボ宝くじが発売中だ(8月14日まで)。その一方で、昨年発売されたサマージャンボ宝くじで、まだ換金されていない高額当せんがある(6月17日現在)。【画像】宝くじ高額当せん者だけが読める冊子『【その日】から読む本』 サマージャンボ宝くじでは、1等5億円が3本(山形・茨城・福岡で販売)、1等の前後賞1億円が3本(東京・福岡で販売)、2等1000万円が3本(東京・岡山・沖縄で販売)。サマージャンボミニでは、1等3000万円が1本(青森で販売)、1等の前後賞1000万円が8本(北海道・青森・福島・東京・神奈川で販売)あり、これだけでも合計で約20億円に上る。 1等の引き換え状況から推測すると、ジャンボはバラで買った人が忘れている(山形・茨城で販売)のに対し、一方のミニは連番で買った人(青森で販売)が忘れている可能性が高いとも考えられる。 ところで、宝くじ売り場の販売員の方に「番号の見落としを防ぐにはどうしたらいいですか」と聞いたところ、返ってきた答えは「自分自身を過信せず、買った宝くじ券をすべて持ってきてほしい」とのことだった。売り場の機械は1秒につき1枚のペースで処理できるため、数十枚程度なら1分もあれば照合作業が完了するのだという。 なお、昨年のサマージャンボ宝くじの未換金のくじは、今年の8月18日が支払期限となっている。せっかく手に入れた億万長者の権利を無駄にしないためにも、もう一度、お手元の宝くじを確認してみるといいだろう。
2020.08.06 07:00
マネーポストWEB
サマージャンボ コロナ禍で注目の「リモート購入」なら当せん金自動振り込みも
サマージャンボ コロナ禍で注目の「リモート購入」なら当せん金自動振り込みも
 7月14日から2種類のサマージャンボ宝くじの発売が始まった。1等前後賞合わせて最高7億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」と、1等1000万円が80本も用意されている「サマージャンボミニ」だ。【画像】「サマージャンボ宝くじ」ネット購入の3ステップ「宝くじの売り場は本来、多くの人が集まることで運気が高まるもの。新型コロナウイルスの影響で営業自粛が続くと、人の“気”が集まらず、売り場の運気が下がります。その点、自宅で購入するなら自分自身が持つ運気で勝負できるといえるでしょう」(風水師の生田目浩美さん) サマージャンボの夢をつかむため、いざ売り場へ──といきたいところだが、コロナが気になり「人の多い売り場に長時間並ぶのはちょっと…」とためらう気持ちもあるだろう。そこで、注目したいのが宝くじの“リモート購入”だ。 宝くじをネットで購入できることをご存じだろうか。一昨年秋に始まった新しいサービスで、ネットを使い、パソコンやスマホで買える。「ネット購入は着実に利用者を伸ばし、いまでは会員数が230万人を突破しています。ジャンボ宝くじではこれまで、1等とその前後賞の高額当せんが計12本出ています」(みずほ銀行「宝くじ」担当者) 購入の手順はごく簡単。まず、「宝くじ公式サイト」で会員登録を行い、当せん金の受け取りに使う口座情報や支払い方法を登録する。支払い方法は「クレジットカード」「ドコモ払い」「auかんたん決済」から選べる。あとは、買いたい宝くじを選ぶだけ。購入から当せん金の受け取りまで、すべてネット上で行える。「くじを購入しても、紙のくじ券は届かず、購入した番号をマイページの購入履歴で確認できます。当せんしたら、窓口に出向く必要はなく、登録口座に自動的に当せん金が振り込まれます」(前出・みずほ銀行担当者) 買い方は、連番10枚、バラ10枚セットのほか、1枚単位の購入も可能。「3連バラ」や「福連100」「福バラ100」など、さまざまなセットを購入することもできる。売り場では、購入時に組や番号を選ばせてくれるケースもあるが、ネット購入の場合はコンピューターの自動発行なので、組や番号は選べない。 売り場で購入するならば、“当たる売り場”を狙うのが鉄則。リモート購入ではどうすればよいのか。前出の風水師・生田目さんは、「ネット購入だからといって、験担ぎをしないのはもったいない。部屋の掃除をしたり、パソコンやスマホの指紋を拭きとってから購入すると運気がアップします」と語る。「金運アップによいのは辛い味の食べ物や飲み物。あとは金のパワーがある酉――つまり鳥。辛味チキンやフライドチキンを食べてから購入するとよいですね。泡が立ち上がる飲み物も運気アップに吉。特に、金運アップによい金色の色みで、辛さもあるビールやジンジャーエールは効果バツグンです」(生田目さん) 自宅でチキン片手にビールで乾杯、ついでに宝くじ――これで億万長者に近づくことができるか?※女性セブン2020年7月30日・8月6日号
2020.07.21 07:00
マネーポストWEB
今年の「サマージャンボミニ」、3万円で最低1万3000円が確実に当たる?
今年の「サマージャンボミニ」、3万円で最低1万3000円が確実に当たる?
 ジャンボ宝くじファンの方にはお待ちかね、今年も2種類のサマージャンボが、7月14日から8月14日まで全国の宝くじ売り場で発売される。1等前後賞合わせて最高7億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」と、1等1000万円が80本も用意されている「サマージャンボミニ」。どちらも1枚300円で、宝くじ公式サイトでは既に予約購入の受付も始まっている。【画像】宝くじ高額当せん者だけが読める冊子『【その日】から読む本』 今回の「サマージャンボミニ」は、福連100(10種類の組が入った連番100枚)または福バラ100(100種類の組が入ったバラ100枚)を購入すると、その時点で3等1万円が1本と4等300円が10本の、計1万3000円が確実に当たることになる。3万円で100枚を買う予定の人は、参考にしてほしい。 ところで、過去1年間(昨年8月のサマージャンボミニから今年5月のドリームジャンボミニまで)に、ジャンボミニの1等は19回抽せんされている。それらの番号を調べたところ、おもしろい結果が出ている。 例えば「組の下1桁」は、0から9のうち「2」だけが出ていない。さらに「番号の万の位」も「2」だけが出ていない。同じ様にすべての桁で1つずつ出ていない数字があり、それを組み合わせると「組の下1桁2組127520番」となる。1年間、鳴りを潜めていた数字たちが、帳尻合わせといった感じで一気に出現する可能性はあるのか? こうした過去のデータを参考に宝くじを買ってみるのもおもしろいだろう。
2020.07.15 07:00
マネーポストWEB
あ
嵐・大野智もお参りした 宝くじにご利益期待の寺・神社
『東京2020協賛ジャンボ宝くじ』(1等・前後賞合わせて3億円)の販売が、2月3日にスタートした。その前日、東京・新宿にある皆中(かいちゅう)稲荷神社は、多くの参拝客で賑わっていた。実はこの神社、参拝すると宝くじが当たる「当せん神社」として知られているのだ。「江戸時代、鉄炮組百人隊という射撃部隊があったのですが、その中で射撃ベタの隊員がこの神社に参拝したところ、みるみる上達。的に当たるようになりました。これを見たほかの隊員も参拝すると、“皆中る(あたる)”ようになったことから、皆中稲荷と呼ばれるようになり、宝くじも当たると評判です」(地元関係者) そのご利益を求め、3億円当せんを狙う人々が願掛けに訪れていたというわけだ。このように宝くじにご利益があると噂される寺や神社は、全国各地にある。 茨城県には、そのご利益で61億円以上の当せんくじが出たとされる神社がある。全国の有名宝くじ売り場を運営する会社までもが、発売前のくじ祈願に訪れる大宝八幡宮だ。「2005年に、ある運営会社さんが発売前の宝くじを持ち込み、高額当せんを祈願されました。ドリームジャンボとサマージャンボで、2等の1億円が8本もその売り場から出たそうです。それからいろいろな会社のかたがいらっしゃるようになりました。もちろん、一般の宝くじ購入者の祈願もさせていただいております」(山内雄佑宮司) 創建は701年。平将門や源義家など多くの有名武将が祈願成就のために訪れたという由緒ある神社で、社名は当時の元号の「大宝」に由来するという。 嵐の大野智(39才)が1月25日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で訪れ、話題になったのが、佐賀県唐津市の沖合に浮かぶ小さな島、高島に鎮座する宝当(ほうとう)神社だ。「もともと運を開く神様として信仰されてきた、島の守り神です。20年ほど前に島おこしとして“宝が当たる”神社にお参りくださいとPRしたところ、参拝したかたから宝くじ当せんの報告が続々と届き、全国に情報が広まりました。神社にはお礼状や実際に当せんした宝くじのコピーが貼ってあります。なかには2012年の年末ジャンボ宝くじの1等、4億円の当せんくじ(コピー)もあるんです」(宝当神社の担当者)◆蛇と像で億万長者 京都市の市街地ど真ん中にあるのは、御金神社。この神社は、V6の岡田准一(39才)・宮崎あおい(34才)夫妻がお忍びで参拝したこともあり、「御金」と書いて「みかね」と読み、金運が上がるパワースポットとして全国的にも有名だ。宝くじを中に入れて保管すればと当たりやすくなるといわれている、祈祷済みの「福財布」を購入するため、全国各地から参拝客が訪れる。 熊本県にある白蛇神社 阿蘇白水龍神權現は、商売繁盛・財運を司る弁財天の化身、白蛇を祀る。「2000年に当社の宮司がこの地で白蛇様と出会い、その後、お宮を建ててお参りいただくようになりました。お参りしたところ高額当せんしたかたが多く、口コミで広がりました」(白蛇神社の担当者) 購入した宝くじを持参し、白蛇様に直に触れてもらえる祈願も受けられるという。 幸せを呼ぶ「吉ゾウくん」が高額当せんを招くと評判なのが、千葉県長生郡にある長福寿寺。約1200年前に伝教大師最澄(さいちょう)が創建、「西に比叡山、東に長福寿寺(当時は東叡山と称した)」といわれる大古刹だ。 吉ゾウくんは、織田信長の焼き討ちにあって荒廃した比叡山を再建した17代目の住職・豪仙學頭(ごうせんがくとう)が護摩修行をしている最中、火炎の中に一頭の象が舞い降りたことに由来するという。「幸せを呼ぶ象には健康や夫婦円満など5つのご利益があります。ところがここ10年ほどは金運が突出していて、特に宝くじが当たったという報告が相次いでいます」(今井長秀・第56世住職) 長福寿寺では例年、ジャンボ宝くじの「大当たり祈願祭」を行っており、今年も同じ名称で2月16日に開催するという。 事前の祈願だけが“当せんへの道”とは限らない。東京・新宿にある宝禄稲荷神社は、“外れくじ”を供養することで、次の当せんへと導いてくれるとされている。「毎年5月22日の宝禄祭で『外れくじ供養』が行われ、全国から来られたかたがたが勝運を授かって帰られます」(宝禄稲荷神社のある原町三丁目の町会会長・土屋勝さん)※女性セブン2020年2月20日号
2020.02.10 07:00
女性セブン
東京2020協賛ジャンボ 5大ジャンボで10万円以上が最も当たりやすい
東京2020協賛ジャンボ 5大ジャンボで10万円以上が最も当たりやすい
 2月3日から全国の宝くじ売り場で「東京2020協賛ジャンボ」と「東京2020協賛ジャンボミニ」が、1枚300円で同時発売される。その名の通り「東京2020大会」の公式ライセンス商品となっているため、販売金額の一部は、今年の夏に開催される東京オリンピック・パラリンピックの大会運営費に充てられる。 つまり、この宝くじを買うことで間接的に大会を支えることになる。ボランティアに応募したかったけど諸事情で行けない人や、選手を応援したいけどどうしたらいいかわからないと思っている人は、この宝くじを買って大会運営をサポートすることができる。 ところで、宝くじに詳しい人は気付いているかもしれないが、「○○協賛くじ」という場合、その協賛する分だけ当せん金の割合が減額されていることがほとんどだった。しかし今回はそのようなことはなく、昨年同時期に発売された「バレンタインジャンボ」と同じ水準を保っている。 さらに、以下のデータで示すとおり、「10万円以上」「100万円以上」「500万円以上」の当せん確率は、5大ジャンボの中でトップを誇っている。◎今年度に発売されたジャンボ宝くじの10万円以上の本数(1000万枚あたり)ドリームジャンボ:2165サマージャンボ:734ハロウィンジャンボ:2204年末ジャンボ:1152.5東京2020協賛ジャンボ:3207※年末ジャンボは1ユニットが2000万枚のため、小数点未満の端数が生じる。◎今年度に発売されたジャンボ宝くじの100万円以上の本数(1000万枚あたり)ドリームジャンボ:66サマージャンボ:35ハロウィンジャンボ:105年末ジャンボ:53東京2020協賛ジャンボ:108◎今年度に発売されたジャンボ宝くじの500万円以上の本数(1000万枚あたり)ドリームジャンボ:6サマージャンボ:5ハロウィンジャンボ:5年末ジャンボ:3東京2020協賛ジャンボ:8 高額当せんで億万長者を目指すのも魅力だが、多くの人に手応えのある賞金が行き渡るというのも嬉しいだろう。
2020.02.02 07:00
マネーポストWEB
年末ジャンボ宝くじ ゲン担ぎを欠かさない全国開運売り場10
年末ジャンボ宝くじ ゲン担ぎを欠かさない全国開運売り場10
 令和になって初めての「10億円のチャンス」がやってきた。11月20日から年末ジャンボ宝くじが発売されている。“令和初の正月”を前に、めでたい売り場のツキにあやかりたい。 今年の年末ジャンボ宝くじは1等・前後賞合わせて10億円。昨年に続いてジャンボ宝くじ史上最高額の当せん金である。日本で唯一の宝くじ研究家で知られる“山ちゃん”こと山口旦訓(かつのり)氏が言う。「3大ジャンボの中で最も売り上げが大きいのが年末ジャンボです。買う側は大晦日が抽選ということで新年をハッピーに迎えたいし、売る側も相当気合いを入れて臨む。販売員が神社に参拝したり、売り場に開運グッズを揃えるなどして、お客にめでたい正月を迎えてもらいたいとの思いでゲン担ぎを欠かさない売り場に、ツキが集まるのです」 今回はとりわけ年末ジャンボに強さを見せる「開運売り場10」を厳選する(別掲表)。◆年末トリプル1等! 北海道最強の売り場「過去5年間、年末ジャンボで1等を出し続けている都道府県は4つだけ。東京、大阪、愛知という売り場も人口も多い大都市圏に加え、北海道が億当たりを出し続けています」(山口氏) その北海道でナンバーワン売り場として君臨するのが、大通地下CC(札幌市中央区)だ。1999年から億万長者を39人輩出し、累計での当せん金額は75.9億円にのぼる。「最近では2017年に年末ジャンボミニ1等7000万円を出し、2016年には年末ジャンボ1等・前賞8億5000万円、年末ジャンボミニ1等1億円、年末ジャンボプチ1等1000万円2本という全国でもほとんど例のない“トリプル1等”を達成しています。 2020年の東京五輪のマラソンの開催地に決定し、札幌の街全体が盛り上がっています。発売前には全員で北海道神宮へ必勝祈願に参拝し、お札をもらって店にお祀りしています」(大川哲生・店長) 新年の“初日の出”を日本で最初に拝める千葉県銚子市の犬吠埼(山頂・離島を除く)。そんな房総半島の東端に位置する港町の銚子駅前CC(千葉県銚子市)も億当たりの常連売り場だ。2006年の年末ジャンボで2等1億円を出し、翌2007年ドリームジャンボでも2等1億円を出している。「1億円が連続して出た時に、看板にクジラの大漁旗を描いたところ、店のシンボルとして定着しました。店の中にも大漁旗を模した布を額に入れて掲げ、令和最初の初日の出をめでたい気持ちで眺められるような大当たりを祈願しています」(小林央・店長) 東京からは累計15億円の大当たりを出している立川CC(東京都立川市)。今年開店40周年を迎えた同店では、2009年の年末ジャンボで2等1億円、2013年の年末ジャンボミニで1等7000万円が出ており、年の瀬に強さを見せる。山口氏はこういう。「この売り場には福娘が2人います。1人が“福居さん”で、もう1人が“富居さん”です。福居さんが窓口に座って2年目の2006年に3大ジャンボで連続して大当たりが出ました」 鈴木昭彦・店長がいう。「2人とも北海道出身で、お客様からは“縁起がいい”とご指名をいただいて買ってもらっています。また、店頭には“福生七福神”で知られる熊川神社で祈祷した『開運座布団』や販売員の福居にあやかり『福』を縫い込んだ『福座布団』を置いています。購入された方が座って当せん祈願していかれます」◆年の瀬に響き渡る静岡のラッキーベル 正月の初夢で見ると縁起がいいのは「一富士、二鷹、三茄子」だが、その富士山の麓にも注目の売り場がある。来年、宝くじ販売を始めて75周年となる鈴木たばこ店(静岡県静岡市)だ。「50年前は全国の宝くじ売り場の約8割がたばこ店だったが、現在は全体の約3%。生き残った店は、代々続くゲン担ぎなどで高額当せんを出し続けた売り場です」(山口氏) 長く“年末に強い”と評判だった同店だが、2015年と2016年にサマージャンボで連続して1等前後賞合わせて7億円が出るなど、さらにツキが集まる傾向がある。「ジャンボの時期には福徳福銭の御利益がある名古屋の金神社まで全員で参拝しています。店頭には当せんしたお客様からの謝礼で買ったラッキーベルを置き、皆さん当せんを願ってベルを鳴らすのが恒例です」(販売員・北目仁美さん) 四国一の販売と当せん実績を持つ売り場がまつちかCC(愛媛県松山市)。過去15年間で3大ジャンボの億当たりは10本、累計額は32億円にのぼる。「店の前の『夢広場』には、お客様用のベンチを置いてあります。そこのクッションに“幸・福・宝”の3文字が染めてあり、『億ッション』と呼ばれています。皆さん座って高額当せんを祈願されます。実は、ここのところジャンボで2回続けて1等の当せんに近い番号を販売しており、間違いなくすぐそこに1等が近づいています」(大久保俊彦・店長) 宝くじは当たるものではなく当てるもの──令和最初の正月を前に、ツキを集める努力を怠らない売り場で億当たりを狙おう。※週刊ポスト2019年12月13日号
2019.12.04 11:00
週刊ポスト
抽せん日は10月30日
ハロウィンジャンボ 消費増税年の調査で見る「強運売り場」
 消費増税が家計に重くのしかかるタイミングだからこそ、“夢”を追いかけたい──「ハロウィンジャンボ宝くじ」が9月24日から10月18日まで全国一斉販売されている。 1等・前後賞合わせて5億円を狙うために、過去3度の消費増税時の“大当たりデータ”を徹底調査した。「ハロウィンジャンボ宝くじ」は1等・前後賞合わせて5億円が8本(8ユニットの場合)、同時に発売される「ハロウィンジャンボミニ」は1等・前後賞合わせて3000万円が16本(4ユニットの場合)。10万円以上の当せん本数は2つのジャンボで合計3万4480本ある。 今回のジャンボは、発売期間中に消費税が8%から10%に上がる。実は、「消費税とジャンボ宝くじ」の関連は深い。宝くじ研究家の“山ちゃん”こと山口旦訓氏が解説する。「消費税の導入や税率アップと前後して、1等当せん金額がアップしてきた歴史があります。1989年4月に3%の消費税が導入され、その年の年末ジャンボで1等・前後賞合わせての当せん金額が初めて1億円の大台に乗った。 1997年4月には税率が5%に引き上げられましたが、その前年の年末ジャンボが1等・前後賞合わせて1億5000万円となりました。2014年4月の8%への増税時も、やはり前年の年末ジャンボが1等5億円、前後賞を合わせて7億円となった」 基本的に1等当せん金額が上がると、当せん本数は少なくなる。1989年こそ3大ジャンボ(ドリーム、サマー、年末)の1等当せん本数が前年の527本から601本に微増したものの、5%になった1997年は前年の638本から408本になり、8%になった2014年は5大ジャンボ(ドリーム、サマー、年末、グリーン、オータム)で前年の228本から100本に減った。「そうした中でも増税の年に当せん本数が増えたり、1等を出したりする“消費増税に強いエリア”があります。今回はそうした地域から、とくに絶好調の売り場を選びました」(同前)◆山形がアツい! 過去3回の消費増税の年にコンスタントに1等を出したエリアが「北海道」「東北」だ。山口氏が続ける。「特に北海道は消費税が導入された1989年は前年の18本から23本へと大幅に増やし、税率が上がった1997年、2014年も安定して1等を出した。東北地方は1989年に青森と宮城、秋田、福島が大きく成績を伸ばし、1997年、2014年は宮城と福島が好調だった。 都道府県で見ると、東京、神奈川、京都、広島、福岡など大都市圏が強い。東京は1989年に前年の131本から156本へと大幅に伸ばし、神奈川も16本が28本に増えた。地方では石川、愛媛あたりの成績がいい」 別掲の表は山口氏が挙げた〈消費増税に強い売り場10〉だ。「過去3回の消費増税の年に高額当せんを多く出したエリアで、特にいまツキが集まっている売り場をリストアップした」(山口氏)ものである。 まず、東北地方では山形に注目する。「いま日本で一番ツイている県です。昨年は億当たりがなかったのですが、今年2月のバレンタインジャンボで1等を出すと、ドリーム、サマーでも1等を出した。今年、3回連続でジャンボの1等を出している都道府県は東京と山形だけです」(同前) 県内で特にイチ押しなのがイオンモール山形南の専門店街北側入口にある山形南イオンCCだという。今年のバレンタインジャンボで1等・前後賞3億円を出し、県内3連続1等の初陣を飾った売り場だ。 東京では、億当たり日本一の西銀座CCなど有名売り場が多いが、山口氏がとりわけ注目するのは池袋東口西武線駅構内売場である。「1945年の最初の宝くじから販売を続ける歴史ある売り場です。今年のサマージャンボで1等前後賞7億円を出すなど、大きなツキが集まっている」(同前) 関西では増税の年に強いのが京都だ。「注目は地下鉄烏丸線京都駅にある地下鉄京都CCでしょう。2000年以降、1億円以上の高額当せんの累計額が63億円。京都の玄関口の売り場として観光客にも人気があります。売り場には“万願寺一唐(等)辛子”のオブジェがあり、『幸運を招く』『御利益がある』と人気です」(同前)◆“宗像の奇跡”が再び 中国地方でズバ抜けて強いのが広島だ。1989年の1等当せん本数は前年の13本から16本と大きく伸ばした。広島県は今年のドリームジャンボでも1等・前後賞5億円を2本出している。「そのうち1本が廿日市ゆめタウンCCから出ています。厳島を望む地元スーパーのゆめタウン廿日市の敷地内にあり、昨年11月に“招福しゃもじ”を店頭に置いたところ、ドリームジャンボで1等・前後賞5億円が出た。宝くじファンはこぞって、しゃもじに宝くじをスリスリしています」(同前) 九州では福岡だ。5%に増税された1997年は東京、大阪、愛知に続いて4番目に1等の本数が多かった。今年のサマージャンボで1等を2本出している。「福岡県宗像市の宗像サンリブCCでは、地元の沖ノ島の世界遺産登録(2017年)と前後してサマージャンボミニの1等が連続して出て、“宗像の奇跡”と呼ばれたが、今年もサマージャンボの1等・前後賞7億円とサマージャンボミニ1等・後賞4000万円が同時に出た。消費増税の年に強い福岡で、再び“宗像の奇跡”が起きそうな予感です」(同前) 宝くじは当たるモノではなく当てるモノ。努力なくして幸運なし――増税に負けないように、ツキの集まる売り場で勝負してみては。※週刊ポスト2019年10月11日号
2019.10.02 07:00
週刊ポスト
当せん金の受け取り忘れに注意を
1等5億円も! 宝くじの“時効当せん金”はどこへ行く?
 昨年8月に抽せんされたサマージャンボ宝くじでは、販売した中から1等5億円が16本、前後賞の1億円が33本出た。ところが、そのうち5億円2本と1億円3本が6月24日現在も換金されていないことが、全国自治宝くじ事務協議会から発表された。 5億円の当せんくじが販売された都道府県は東京と栃木で、東京は連番、栃木はバラで販売された可能性が高いようだ。 昨年の1等は「87組149150」だったため、前後賞のうち1つは十の位が変わる「87組149149」となり、見落としている可能性がある。 さらに、同時発売のサマージャンボミニでも、1等5000万円が6本、前後賞の1000万円が12本も引き換えられていない。こちらの販売地域は、関東から九州までの広範囲にわたっている。 どちらの宝くじも、8月19日(月)を過ぎたら当せん金を受け取れない。支払期限まで1か月を切った。買ったまま忘れていないか、もう一度確認してみよう。  なお、引き換え開始から1年過ぎても受け取りに来ない時効当せん金は、地方自治体の収益となる。ただ、冒頭の1等5億円2本が換金されなかった場合、東京と栃木に5億円ずつというわけではなく、販売実績に比例して全国の自治体に分配される。※女性セブン2019年8月15日号
2019.08.05 16:00
女性セブン

トピックス

結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
謝罪をする田中聖(公式YouTubeチャンネル)
田中聖容疑者、覚醒剤所持でまた逮捕 芸能人が“やめられない”根本的な問題点
NEWSポストセブン
『ぴったんこ☆カンカン』スタート時の安住アナ(時事通信フォト)
泉ピン子が語る安住紳一郎アナ「とても負けず嫌い。すごい強さを秘めている」
週刊ポスト
盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
日本は世界が憧れる国だと思っていたが……(イメージ)
在日経験のある外国人たちが「日本の没落」を口にし始めているという厳しい現実
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
SDGs(持続可能な開発目標)についてテレビが取り上げる機会が激増していた(イメージ、時事通信フォト)
テレビ局が一斉に発信していた「SDGs」、最近見かけなくなった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン