ライフ

「風邪」をひく理由とその症状 早めに治す4つのポイント

 気温が急に下がり、夏の疲れも抜けきっていない今の時期、風邪をひく人が急増している。風邪ウイルスが活発になるとともに、年末に向けて忙しさもピークに。ダウンなどしていられないから、「ひいたかな?」と思ったら、早めの対策が肝心だ。

 では、具体的に風邪とは一体なんなのか。東京慈恵会医科大学准教授 医学博士の浦島充佳さんはこう語る。

「風邪は、病原体が鼻や口から侵入して感染し、症状を起こす感染症の総称です。病原体、特にその8割を占めるウイルスは、冬に多いもの(ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、アデノウイルス)以外にも数百種類はあります。そのため体に抗体ができず、1シーズン中に何度もかかったり、症状や経過がその時々で違うのです。

 風邪をひく場合、ほとんどが感染者のくしゃみなどからうつる飛沫感染。急に寒くなる今の時期は、ウイルスが活性化しやすく、体力も落ちているため、学校や職場、交通機関などを中心に感染が広がります」

 健康体なら病原体が侵入しても自力で排除できるが、体力が落ちていると感染。くしゃみやのどの痛み、発熱などの症状が表れる。

「多くの場合は感染から2~3日で治りますが、免疫力が落ちていると長引いたり、気管支炎や肺炎に至ることも。いずれにしても症状が出たときにはすでに感染し、ウイルスは増殖を始めています」(浦島さん)

 風邪をひきやすいのは、睡眠不足や疲労、ストレス、栄養が偏った状態など。さらに、

「風邪をひくと胃腸の働きが悪くなり、普段と同じように食べても充分に消化吸収できないことがあります。また熱が出ると、エネルギーや水分を多く消耗します。風邪対策に必要な栄養素を意識して摂りながら、やわらかく煮るなど、消化をしやすくする工夫も必要です」(管理栄養士の篠原絵里佳さん)

「現在、処方薬や市販薬で風邪のウイルス自体を死滅させるものはなく、症状を抑えるのが主な働きです。それを理解して上手に使いながら、積極的に睡眠と栄養を。また繊毛の働きをよくし、粘膜を保護するために、水分もたっぷり摂りましょう」(浦島さん)

 そして、早めに治すための4つのポイントは「睡眠」「栄養」「水分」「保温」だ。睡眠は体の疲れを回復し、免疫力を維持するのに不可欠。夜の睡眠はもちろん、日中の隙間時間を利用した短時間の“昼寝”も有効。

 栄養については、ご飯などの糖質、脂肪を除いた肉・魚、卵、大豆製品などのたんぱく質、緑黄色野菜や果物に多いビタミンA・C・Eをバランスよく摂取した方がいい。水分に関しては、水、茶などのほか、スープなどの食事からもこまめに。また水分を摂ることで、侵入したウイルスを流して感染防止になることも。

 最後の「保湿」だが、冷えも免疫力低下の一因。就寝や外出時はしっかり防寒を。また、ねぎやしょうがなどを摂ると、体が温まり免疫細胞の働きが活発に。

※女性セブン2013年11月21日号

トピックス

創価学会の「自民党離れ」は今年4月の衆院島根1区補選でも
【自公連立終焉へ】公明党の支持母体・創価学会の「自民党離れ」が進む 岸田首相の「解散やるやる詐欺」に翻弄され“選挙協力”は風前の灯火
週刊ポスト
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト