芸能

清水アキラ 東京の豪邸を売却し妻と「卒婚」した理由明かす

 昨年、突然の“卒婚宣言”をしたものまねタレントの清水アキラ(59才)。別居や離婚ではなく卒婚なのだ。芸能界のなかでもおしどり夫婦として有名な清水夫妻にいったい何が起きたのか。現在、長野県内に居を構える本人を直撃した。

「父はすでに他界していますが、最近母親が亡くなってから自分で日曜大工をしてこの家の改築を始めました。ほぼ完成したんだけど、今の課題は囲炉裏の煙。炭で肉を焼くとすごいんです。だからここに換気扇をつけたら、リフォームはだいたい完了かなと」

 詳しい話を聞きに訪ねた清水の自宅は、長野県のとある小さな温泉街にあった。そこは築30年という清水の実家。キッチンにつながる部屋の真ん中にある、囲炉裏端に座った清水が笑顔で迎える。

 11DKという広い家には露天風呂もあり、日に4回入ることもあるという。

「露天は檜を大理石に変えて。そんなふうに家の中をあれこれイジるのが好きなんですよ。これから、どう変えていくか考えただけでもワクワクする。だから、たびたび長野に行っては夜を徹してリフォーム。そんな生活が始まったから、ブログに“卒婚”って書いたら、こんなに話題になっちゃったんです!」(清水)

 騒動の発端は、自らのブログに次のように書き込んだこと。

<私はずーっと好きな事をして来た。これからは妻も、自分のやりたい事をやってもらいたい。そういう事で、子育て卒業、結婚生活卒業、卒婚>

 現在の生活は東京と長野を行ったり来たり。昨年秋、住み慣れた東京の豪邸を売却し、拠点を長野に移した。

 妻のめぐみさん(57才)はもともと同居をしていた実母とふたり東京に残り、清水が上京したときは3人で生活する。夫婦がいっしょに過ごすのは月に10日~2週間程度だというが、ふたりで旅行に行くなど夫婦仲は良好だ。取材当日も長野にめぐみさんがいた。

「卒婚が話題になったときは、また余計なこと言って…って思いましたね。私の周りは、みんな離婚と受け止めちゃって。もう、いったい何を発信したの!?って」(めぐみさん)

 卒婚宣言で多少の動揺があった清水家だが、彼が卒婚を宣言したのには、どんな背景があったのだろうか。

「会社員には定年があるけど、芸能人にはないですよね。私はそろそろゆっくりしたい気持ちがあって。女房ものんびりしてもいいんじゃないかって」(清水)

 とはいえ卒婚とは“卒婚しました!”と宣言してスタートするものではないと考える。

「東京の家は息子3人も出ていって、私と嫁とおばあちゃんと3人になった。じゃあこんなデカい家、どうすんだと。エレベーターや自動ドアがついて、電気代は月に6万~7万。今後、誰が維持していくのかと。今、子供たちはみんな仲がいいけど、もしかしたらこの家が将来的に不和の原因になるかもしれない。じゃあ売ってしまおうという話になったんです。

 日本人って1回家を買うと、ずっとそこに住まなきゃいけないって思いがちじゃないですか。でも、子育てが終わったら夫婦で都会の便利な場所に引っ越したり、逆に田舎でのんびり暮らしたり。その場その場で決めていいと思うんです。だから私は長年住んだ自宅を手放しても、寂しいなんて気持ちは全然ないんですよ」(清水)

※女性セブン2014年2月6日号

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン