• TOP
  • 国際情報
  • サムスンの船が停泊中香港籍タンカーに衝突してタンカーに罰金

国際情報

2014.03.03 16:00  SAPIO

サムスンの船が停泊中香港籍タンカーに衝突してタンカーに罰金

 国家の貧しさは経済指標だけで示されるものではない。先進国の仲間入りを果たしたと喧伝する韓国が、実際は世界から“ヘンな国”と呆れられている証拠が「OINK」(オンリー・イン・コリア=Only in Korea)という言葉の存在だ。「韓国でしか起こらない、普通ならあり得ないこと」といった意味で使われる。「OINK」の事例をジャーナリスト・室谷克実氏が解説する。

 * * *
 2007年12月、韓国西岸の泰安地区で大規模な原油流出事故が起きた。前日から停泊していた香港船籍の原油タンカー・ヘーベイスピリット号にクレーン船が衝突。1万t以上の重油が流出した。

 クレーン船はサムスン重工業所有の3隻のタグボートが曳航していたもの。強風に煽られ、通過禁止区域を航行してワイヤーが破断したことで起きた大事故だった。

 ここからがOINKだ。なぜかサムスン側だけでなく停まっていたタンカー側の海運企業とインド人の船長、一等航海士も起訴され、罰金刑が科された(海洋汚染防止法違反)。普通に考えれば被害者である側への理不尽な判決にインドの船員組合などが抗議、韓国行きの船への乗務拒否を表明した。インド国内では韓国製品不買運動まで起きた。

 一方の韓国政府はというと、海岸に押し寄せた原油の清掃に100万人以上がボランティアで参加したことを自賛し、「ノーベル賞ボランティア部門を創設すべきだ。彼らをその候補として推薦したい」と発表。インド側の感情を逆撫でした。

※SAPIO2014年3月号

関連記事

トピックス