芸能

藤田紀子さん 『オールスター感謝祭』ドタキャンの裏事情

 総勢200人超の有名タレントが一堂に集まる、半年に1度の名物クイズ番組『オールスター感謝祭‘14』(TBS系)が3月29日に放送された。

 そのひな壇には、オンエア数日前に番組スタッフに配られた出演者リストに名前のあったある女性の姿が見当たらなかった。

「藤田紀子さん(66才)です。出演OKの返事ももらっていたんですが、直前になって“やっぱり出演できません”って、ドタキャンしたんです」(TBS関係者)

 しかし、このドタキャン劇、実はとんでもない事情から起きたものだった。彼女の出演に“待った”をかけた男がいたのだ。その男は、ピース・綾部祐二(36才)。彼も同番組の出演者だった。

 綾部と紀子さんといえば、2012年8月に『週刊ポスト』で熱愛をスクープされた“ワケあり”の仲。この時は、紀子さんが暮らす高級マンションに綾部が通いつめる姿が激写され、この30才差の恋はワイドショーを大いに賑わした。

 あれから2年ほどが経った今もバラエティー番組で“女将さん”などとイジられる綾部。本人は“オイシイ”と思っているのかと思いきや、どうやらそうでもないようだ。

「彼は紀子さんの話題でイジられるのが、本当に嫌なんです。番組の司会は今田耕司さん(48才)ですから、2人が一緒に出演したら、“いつも以上にイジられる”と思ったようです。それで綾部さんは、事前に紀子さんの携帯に連絡して“絶対に来ないでください!”と、懇願したそうです。何度も連絡があったうえに、あまりの剣幕に、紀子さんは渋々出演をキャンセルしたそうです」(綾部の知人)

 ちなみに、紀子さん自身は当初、「別にいいんじゃない」と、出演に乗り気だったというのだが…。

※女性セブン2014年4月17日号

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン