芸能

新ユニットでデビューの神田沙也加 ギタリストと合鍵デート

 映画『アナと雪の女王』の日本語吹き替え版でヒロイン・アナ役を見事に演じた神田沙也加(27才)にロマンスが発覚した──。

 6月25日に男女2人組の新ユニット『TRUSTRICK』としてメジャーデビューする沙也加は、現在デビューに向けてギタリスト・Billy(33才)とともにプロモーション活動を精力的に行っている。相棒となるBillyは2006年から元WANDSのボーカル・上杉昇(42才)が率いたバンド『猫騙』のギタリストとして活動した実力派で、倖田來未(31才)のサポートメンバーを務めた経験もある。

 そんな沙也加に関するある情報を入手したのは5月下旬のことだった。

「沙也加ちゃんは『TRUSTRICK』のパートナーのBillyくんと真剣につきあっているんです」

 6月上旬の夜8時前、仕事を終え都内のレコード会社から出てきた沙也加とBilly。沙也加はフリルのトップスに、黄色のブルゾンを重ね、デニム地のショートパンツ姿。一方のBillyはグレーの薄手のニットに白デニムだった。そしてふたりを乗せた車は渋谷109へ。

 109の中で、ふたりは沙也加の女友達と合流。彼女にBillyのことを紹介しているようだった。しばらく3人で談笑した後、沙也加は友達と女2人でショッピングに繰り出し、Billyとは別れた。な~んだ、やっぱりガセネタか…なんて思ったが、Billyを追跡すると思わぬ展開を見せる。

 彼は再び車に乗り込み、渋谷を後にする。そして向かった先は、自宅ではなく、都心から少し離れた沙也加がひとり暮らしをするマンションだった。慣れた手つきで裏口からマンション内へと消えていったのだ。このとき、まだ沙也加は友達とショッピングに夢中で、家には不在。つまり彼は合鍵を使って中へと入ったのだった。

 そして2時間ほどが経ったころ、沙也加も帰宅。そのまま、彼は彼女の部屋で一夜を過ごした。沙也加の知人がこう話す。

「沙也加ちゃんがユニットを組むと決まったとき、ギタリストのオーディションを行ったんですが、Billyくんは、彼女が会った瞬間、“この人がいい!”って即決した人なんです。最初は沙也加ちゃんが“ギター教えて”なんてつきまとっている感じだったらしいんですけど、次第に一緒にいる時間も多くなって、彼も好きになって、今では沙也加ちゃんの家に入り浸りみたいですよ」

 沙也加の所属事務所にお泊まりについて話を聞くと、「この日は打ち合わせのため、スタッフも一緒でした」とのことだが、翌日、夕方4時過ぎにマンションから姿を見せたふたりの様子は、カップルそのものだった。

 ちなみに、この日は久しぶりのオフだったようで、沙也加もBillyも前日とは違うラフなスタイル。ふたりの左手の薬指にはお揃いのペアリングが光っている。終始笑顔を浮かべながら、街を並んで歩くふたり。ときおり沙也加がおどけて彼をポンと叩いてみたり、ハイタッチしたりとラブラブな雰囲気だった。

 途中ユニクロに立ち寄り、お互いに洋服を選ぶ。「これ、どうかな?」なんて尋ねる彼女をBillyは嬉しそうな表情を浮かべて見つめていた。そして近くのステーキショップで夕飯を済ませると、再びふたりは沙也加のマンションへと帰っていった。

※女性セブン2014年6月19日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン