芸能

高座にも上がる俳優・風間杜夫 熱心さで落語通も納得させる

 1996年に出演した舞台で落語家役を演じたことから、俳優の風間杜夫は落語家としても活動している。落語を通じて教わったセリフに対する考え方について風間が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる「週刊ポスト」の連載シリーズ「役者は言葉でできている」から抜粋してお届けする。

 * * *
 風間杜夫は舞台・映画・テレビと幅広く活躍してきた。そして近年では、春風亭小朝、立川志の輔といった本職の噺家に交じって落語の高座に上がるようになっている。彼の落語に向かう熱心な姿勢は、多くの落語通も納得させるものだという。

「落語をするキッカケは舞台で落語家の役をやったことでした。その時に噺を覚えてやってみたいという気持ちが芽生えました。それで噺家以外の人間が落語をするという関西のテレビ番組で鶴瓶師匠が声をかけてくださって、二十分ぐらいの短い噺をしたら師匠に褒められまして。

 それからいろんな方に声をかけていただけるようになりました。どこにも入門していない自己流なのですが、古典に対する敬愛があるので、噺を崩さない、いじくらないということを僕なりの礼儀にしています。

 小朝師匠も志の輔師匠も皆さん同じようなことをおっしゃるのですが、噺家は噺の中に出てくる人物を演じ分けない、一つの役を際立てるようなことはしない、と。あくまでもガイドといいますか、お客さんに想像してもらう世界だ、と。僕もそうなんですが、俳優が落語をやると、とかく演じすぎちゃうんです。

 落語から教わったのは『セリフに表情を持たせる』ということです。演じるキャラクターなりの音をセリフの中に出す。そういうことを意識的に考えるようになりました。

 地方に行くと大きな劇場があって、席によっては俳優の表情がほとんど見えません。舞台は映画やテレビと違ってアップが利きませんから、お客さんに心の動きを見せるためには、セリフにも表情がないと伝わらないんですよ」

●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『仲代達矢が語る日本映画黄金時代』(PHP新書)ほか新刊『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)が発売中。

※週刊ポスト2014年6月13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
神田正輝を目撃
神田正輝の個人事務所が解散、引退説が浮上 直撃に本人は「今後は仕事を始末してから考えます」
女性セブン
映画『99.9』完成報告イベントに登壇した香川(2021年撮影)
香川照之が脚本変更、土下座を拒否していた!『六本木クラス』最終話のゴタゴタ
NEWSポストセブン
偉業を達成したヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
村上宗隆の弟・慶太が明かす 兄と「寿司100貫」食べながら見せた“気遣い”
NEWSポストセブン
落合博満氏を監督として招聘する球団は出てくるか(時事通信フォト)
もう「落合博満監督」は二度と見られないのか? 「今こそ古巣・ロッテが招聘すべき」の声
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
敏腕経営者に華麗に転身したローバー
深夜番組で一世を風靡したローバー美々が敏腕経営者に転身 コロナ禍で年商3倍に「私にしかできないことをやりたい」
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
誕生日は9月30日(写真/木村圭司)
声優・伊達さゆり ファンに祝ってもらった20歳の誕生日を振り返る「素敵な思い出になりました」
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
2次選考を通過したのはこの4人!
【日本グラビアクイーンコンテスト】2次選考通過者4人を発表 いよいよファイナルへ
NEWSポストセブン