• TOP
  • 芸能
  • Vシネの女王・水谷ケイがオーディションでの珍事件を語る

芸能

2014.07.05 07:00  週刊ポスト

Vシネの女王・水谷ケイがオーディションでの珍事件を語る

「Vシネマの女王」として知られる水谷ケイ

 1990年代に「Vシネマの女王」として一時代を築いた水谷ケイ(40)。Fカップのバスト、丸みを帯びた肉感的なヒップが、男たちの責めを受けるたびに揺れる様は、まさにド迫力だったが、彼女がVシネ時代の珍事件を語る。

 * * *
『ギルガメッシュないと』(テレビ東京系)で、ちょっと皆さんに顔を覚えてもらえるようになった二十歳の頃、デビュー作になる『お天気お姉さん』のオーディションを受けたんです。

 最終オーディションの光景は、今でも忘れられないなぁ。20人くらいの女の子が残っていて、私はガーターとランジェリー姿で“正統派”のアピールをしたのですが、中には全裸でバイブをもってパフォーマンスする人もいた(笑い)。

「Vシネマって何でもありなんだ」と衝撃を受けました。映画やテレビとは全く違う、独特の世界ですよね。

『お天気お姉さん』には大杉漣さんも出演されていて、本当に申し訳ないんですが、大杉さんを四つん這いにしてムチを打つシーンもあって。レズシーンもあって、どう演じればいいか必死でとにかくいっぱいいっぱいでした。

 でも、街中で「お天気お姉さんだ!」って声をかけられるようになって反響の大きさを実感しましたね。

 それからVシネマの仕事を70本くらいやったんですが、これだけ出ててもラブシーンって慣れるものじゃないんです。

 それはお相手の男性も同じらしくて、何テイクもやっていると、自然に前バリにテントを張ってしまう(笑い)。何度も撮り直すのは申し訳ないので一発OKになるよう凄く気を遣っています。

 ふんどし姿で演技した『花のおんな相撲』(1996年)の撮影のときは「私、何やってるんだろう……」とちょっと落ち込みましたが、後で見返すときちんと芸術的な作品になってるんですよね。

 Vシネのセクシーには、映画ともAVとも違う、独特の奥深さがあるんです。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2014年7月11日号

関連記事

トピックス