ビジネス

浅田真央CMのマットレス アスリートの口コミから人気拡大

 フィギュアスケート・浅田真央選手が出演するCMで知られるマットレスパッド、エアウィーヴ。発売から7年、2013年2月期の売上高は前期比4.8倍の53億円、2014年2月期は1.7倍の93億円と急成長。だが、ここまでに波瀾万丈の物語があった。作家の山下柚実氏が報告する。

 * * *
 そもそも、「寝具とはまったく無縁だった」というエアウィーヴの高岡本州社長。電力会社向け配電機器メーカーを経営していた彼の元に、伯父から、魚網や釣り糸の成形機械メーカーを引き継いでくれないか、という話が舞い込んできたのは10年前。

「その会社は赤字続き。漁網の糸でクッション材を作るなど工夫を凝らしましたが、再建しようにも下請けのままでは難しい。一大決心をして、ベッドパッドを作り、直接消費者に売ることにしたのです」

 時はちょうど低反発の枕やマットレスがブームになっていた頃。寝具業界に目を向けると、その特殊性に気付いた。

「大きな技術革新が長い間ないまま、数社の独占状態が続いていた。よし、寝具業界に新技術を持ち込めば勝負できる、と思った。漁網を作る技術を活かし、樹脂製の糸を三次元に編み込み、反発力と復元力が高いベッドパッドを作ることを考えました」(高岡氏)

 時代の流行は「低反発」。しかし「そのユーザーをごっそりいただける」(高岡氏)と、敢えて正反対の「高反発」マットレスを提案した。身体が沈み込まず、寝返りを打ちやすいため余計な体力を使わずに熟睡できる。樹脂の糸を編んでいるから通気性が高く洗濯も可能。「高反発」は良いことずくめのはずだった。

「約200人にモニターになってもらい、これまでにない寝心地と快眠環境を提供する最高の寝具に仕上がったと、絶対の自信がありました」

 ところが、最初の1か月はたった2枚、年に180枚しか売れない。あてがはずれた。広告費約4000万円を投じた販売戦略も見直さざるをえなくなった。

「良いものを作れば売れる当たり前のようにそう思ってきたけれど、それが実は大きな間違いだったのです」

 高岡社長は考えた。「もの作り」だけではだめだ。「売り方」も大事なのだ。ベンチャーゆえに、「広告」という方法にも限界がある。まったく別のアプローチで、「ブランド」を構築できないか。考えた末、2つのアプローチが浮上した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト