ビジネス

ベネッセ個人情報漏洩 500円の金券補償で収束させられるか

情報漏洩の原因は「企業風土に起因する甘さにあった」と原田氏

 ベネッセコーポレーションによる個人情報の大量流出は、このまま収束に向かうのか。

 当初、2300万件と発表されていた漏洩件数は、同社が名寄せを行った結果、約3504万件、約4800万人(実態の推計は約2895万件、約4000万人)に膨れ上がり、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報が名簿事業者に売却されていたことが判明した。

「根本的な問題は、自社の情報セキュリティに関する過信、経営層を含むITリテラシーの不足、性善説にたった監査、監視体制の運用、などの企業風土に起因する甘さにあると判断しました」

 9月10日、社内調査と事故調査委員会から出された中間報告を発表したベネッセホールディングス(HD)会長兼社長の原田泳幸氏は、さすがに疲労の色が隠せない様子だった。

 今回、被害者への“慰謝料”として500円の金券を用意すると発表した原田氏だが、「金銭的謝罪は考えていない」と発言した7月の会見から一転、補償する方針に変えた理由をしつこく記者から問われると、

「情報が二転三転したとは思っていない。まずは事実確認をすべきとの経営姿勢を取っただけで、決して事の重大さに気付いて考えが変わったわけではない」と険しい表情で苛立つ場面も。

 同社は2014年4~6月期決算で、顧客への補償に200億円、その他、お詫び文書の発想やセキュリティ対策費用として計260億円に及ぶ特別損失を計上している。原田氏は「これからかかる投資は経営を揺るがすほどの金額ではない」と説明し、本格的な事業の再開と巻き返しに意欲を見せた。

 だが、本当にこれ以上の流出拡散は起こらないのだろうか。フォーサイト総合法律事務所のパートナー弁護士、深町周輔氏に聞いた。

「そもそも漏洩した件数が莫大ですし、今は直接的な被害を受けていなくても、名簿が転々と流通して二次被害、三次被害で精神的な苦痛を訴える人が出てくれば損害額も膨らんでくる可能性はあります」

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト