芸能

太川陽介 旅先でトンカツ食べる蛭子能収を見て「いいなァ」

『路線バスの旅』の頼れるリーダー役・太川陽介

 人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)で、見どころのひとつが旅先での食事シーン。自由奔放な蛭子能収のメニュー選びに、リーダー役の太川陽介が苦い顔をすることもしばしば。そんな時、太川は何を考えているのか。新刊『ルイルイ仕切り術』を上梓したばかりの太川が、本音を吐露した。

 * * *
 蛭子さんといえば、もうみなさんご存じだとは思うんですが、食の好みが極端なんですね。旅の途中で、どんなにおいしそうな郷土料理があっても、オーダーするのは決まってトンカツかカレーライス。

 お店の人に地の魚がおいしいといわれても、「ボクは魚が嫌いだから」 と、平然と言い放つ。そして、「やった! トンカツがあった!」といってトンカツを注文する。トンカツだったらどこにでもあるんですけどね。そして本当においしそうにトンカツを食べる。

 蛭子さんいわく、ご自身が漁師さんの息子なんで、魚は子供の頃から食べ飽きている。というのが魚嫌いの理由だそうですが、だったらトンカツだってそろそろ食べ飽きるくらい食べてるんじゃないか?と思うんですが、どうなんでしょう。

 でもボクもときどき、蛭子さんのトンカツやカレーライスがうらやましく思える時があるんですよ。郷土料理やその土地の名物料理って、たまにですけど外れることがあるんです。いやけっこうあるかな、路線バスの旅は。

 なにしろグルメ番組じゃないですからね。本当にいきあたりばったりで、その時に入れるお店で食事をするわけですから、それは外れることもありますよ。最近は、ディレクターも、「味の感想をいってください」っていわなくなりましたから。

 でも、そんなお店でもトンカツやカレーは絶対に外れない。あと外れがないのはオムライスですね。そんな外れのない料理をほおばる蛭子さんを見ては、「いいなァ~蛭子さんのトンカツ…」って内心思いながら食べてる時もあるんです、正直に書いてしまうと。

 そう考えると、蛭子さんはそれを全てわかったうえでトンカツやカレーライス、オムライスという絶対外れない料理をオーダーしているのかもしれませんね。でも、ただ“外すのが嫌”というだけで、そういう注文をしていたんじゃ、番組的にも申し訳が立たない。お店の人にも失礼。そこで、自分なりに、「ボクは魚を食べ飽きていて苦手なんで」という理由を公言している。

 まぁそんなことはないとは思いますが、あのどんな時にも、もはや周りの空気をまったく無視してまでのブレない蛭子さんの姿勢というのは、失敗を回避するひとつの方法かもしれませんね。

 これはもう蛭子さんからのアドバイスになってしまいますが、ブレない姿勢は失敗することがない。これも覚えておいていいんじゃないでしょうか? ただ、この周りの空気を無視してまでブレない行動を取るというのは、蛭子さん以外になかなかできる芸当ではないんですけど。

※太川陽介・著『ルイルイ仕切り術』(小学館)より

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン