• TOP
  • 芸能
  • 今年は時代劇の当たり年 魅力は「現実逃避」と「爽快感」

芸能

2014.09.23 07:00  女性セブン

今年は時代劇の当たり年 魅力は「現実逃避」と「爽快感」

 今年は時代劇の当たり年。8月9日、第18回ファンタジア国際映画祭(カナダ・モントリオール)で『太秦ライムライト』(公開中)が最優秀作品賞と、最優秀主演男優賞受賞のニュースが飛び込んできた。

「主演は“5万回斬られた男”こと福本清三さん(71才)。55年の役者人生での初主演作品で主演男優賞を獲ったって、素晴らしいじゃないですか。日本人って自分の手元にあるものの良さって気づいていないけど、京都で何十年もやってきたことが、こうして海外でちゃんと評価される。日本の良さに気づくべきですよね」

 そう力説するのは、時代劇好きで知られるコラムニストのペリー荻野さんだ。

「『太秦ライムライト』は、長年斬られ役を演じてきた老優と新進女優の心の交流を描いた感動の物語。時代劇が隆盛だったらできなかった映画なので、そう考えると痛しかゆし。時代劇ってだけで、敬遠する人もいるけど、一度見てほしい。本当に面白いから!」(ペリーさん・以下「」は同)

 今年前半の映画界は、“アナ雪”一色だったが、その陰で、6月21日に公開された『超高速!参勤交代』は公開2日で“アナ雪”に続く2位となり、興行収入15億円を突破。大ヒットしている。民放の時代劇ドラマ枠はなくなったものの、今秋に公開される作品も多く、時代劇映画に注目が集まっている。

 子供の頃から時代劇好きだったというペリーさんは、その魅力をこう分析する。

「良いのか悪いのかわからないけど、私の時代劇は“現実逃避”。あまりにも自分に近い設定の現代ドラマだとくたびれてしまう。その点、時代劇は思いっきり遠い。現代ではありえないことを言っても、時代劇では許されるんですね。

『許せん』、バサッみたいな。“必殺”だって、金をもらって人を殺すなんて、悪いに決まっているのに、正義の味方に見えたりしますよね。そういう展開を受け入れられるところが面白い。悪いやつがバッタバッタ斬られるという、立ち回りにスカッとするという喜びもあるんですけどね」

 現代にはない身分制度が江戸時代にはあるが、その身分差がドラマを生む。理不尽なことも現代よりも一方的で、無理やり切腹させられる。貧しい暮らしから、口減らしのために花街に売られることも少なくない。

「圧倒的にセクハラ、パワハラ、殺人、詐欺、なんでもOKの世界。その中でも人はたくましく生きていく。これがドラマチックで感動しちゃうんですよ」

※女性セブン2014年10月2日号

関連記事

トピックス