芸能

岩下志麻 「極妻」での思い出深いエピソードは取っ組み合い

 やくざ世界に生きる女たちの生き様を描き、空前のヒットとなった『極道の妻たち』(東映)。シリーズ累計15本のなかでも、とりわけ印象的なのは初代から計8作登場した岩下志麻。

 出演した8作の中でも、第1作で妹を演じたかたせ梨乃と取っ組み合いをしたシーンは、特に想い出深いと語る。

「本番はやっぱり、お互い全力でぶつかりあいました。叩いたり、髪を引っ張ったり本気でやり合ったので、髪の毛は抜けるし、着物はびりびりに破けるし。撮り終えた時にはゼェゼェして、めまいがして、控室で休ませてもらった記憶があります。梨乃ちゃんとはほぼ全作でご一緒していたし、本当の姉妹みたい。今も会えば、『お姉ちゃん』と、呼んでくれるんです」

 当初の企画では姐さんを毎回違う女優が演じる予定だったが、“志麻姐さん”の人気に4作目で復活。6作目の『新極道の妻たち 覚悟しいや』(1993年)では、香港ロケも敢行。これは岩下のアイディアから生まれた。

「極妻が着物を着て海外を歩いてみたい、と申し上げたら実現したんです。劇中、北大路欣也さんに『あんたを買うわ』というのですが、女性では思いつかない台詞ですよね。脚本家の方がいつもかっこいい台詞を考えてくださった。だけど、あの作品の台詞といえば、やはり『覚悟しいや』よね。私も大好き。未だにイベントなどで『極妻の“覚悟しいや”をお願いします』って、いわれます」

 極妻に関するファンレターは今なお届くといい、作品が愛され続けていることを実感すると語る。

「1話完結で毎回違う極妻が登場しますが、どの妻も筋が1本通っている。ただ強いだけでなく、潔さの中に筋を通す生き様が、私も好きなところです。抗争で散った者の位牌に姐さんが手を合わせるシーンなど、古風な人間の気持ちみたいなものもすごく大事にしている。ドライではない、人間臭さも魅力ではないかと思います」

※週刊ポスト2014年12月12日号

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン