ライフ

大阪の縁切り寺住職「親が子供との縁を切ることは認めない」

 2011年、「絆」という字が「今年の漢字」に選ばれたのは記憶に新しいところだが、一方で悪縁との縁切りを神仏に祈るそうしたご利益のある寺社には参拝客が途絶えることがない。大阪市天王寺区にある鎌八幡には、こぢんまりした境内に鎮座する巨大な榎に注連縄が張られ、太い幹に夥しい数の鎌がびっしりと突き刺さっている。木漏れ日が織りなす陰翳と相まって、境内にはおどろおどろしく、霊的な雰囲気が漂う。

 無数の鎌は、縁切りを祈願するものだ。1614年の大坂冬の陣で豊臣方の武将・真田幸村がこの榎を「鎌八幡大菩薩」と奉り、鎌を突き刺して戦勝を祈願、大いに戦果をあげた。そして江戸以降、鎌八幡信仰と加持祈祷が結びつき、悪縁断ちの信仰が広まった。榎は太平洋戦争で損傷したが、残った根から出た新芽が蘇生して、現在に至る。

 御神木の正面に掲げられた絵馬を見ると、《父と親子の縁を切れるようにお願いします》《長男●●の公正証書が実行されることなく解消できますように》《父の親族、兄弟姉妹らにこれ以上金品がうばわれることのないように》と親子、親族との縁切りを祈願する内容が目についた。どの絵馬も思いを刻み込むように黒マジックで一文字一文字、丹念に書かれている。鎌八幡の杉山契光住職が言う。

「病根断や男女の縁切りだけでなく、身内との縁切りを望む方も結構います。親を殴って年金を奪う息子や、何度も『これが最後』と言いつつ、息子の勤め先や嫁の実家に押しかけ無心する親と縁を切りたいという切実な願いです」

 あるケースでは、兄弟の一人が両親の死後働かず、遺産を食い潰して他の兄弟にカネをせびるようになった。カネを要求された兄弟は「我慢していたが子供の世代にまで無心を始めてもう限界。私たちも年老いたので生前に縁を切りたい」と申し出た。また、自分勝手な実母が原因で激しい夫婦喧嘩を繰り返してきた娘が「いい加減疲れた。いっそ母と縁を切りたい」と訪れたこともある。

 あまりの生々しさに言葉を失う記者に対し、住職は「すべての縁切りを認めるわけではない」と語りかける。

「子供が親との縁切りをするのは認めるが、親が子供との縁を切ることは認めません。子供を育てた親には責任がある。寺にも縁切り祈祷をする責任があるので一線を引いています」

※SAPIO2015年1月号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン