国内

小保方氏が「魂の限界まで取り組んだ」ことへの評価について

 STAP細胞騒動に一応の区切りが付けられた。1年近くに渡り日本中の話題となったこのニュースから学べることはなにか。大人力コラムニストの石原壮一郎氏が小保方晴子氏から学ぶ。

 * * *
 割烹着姿がよく似合う小保方晴子氏がSTAP細胞について発表したのは、今年1月のことでした。いきなり華やかなスポットを浴びますが、その後さまざまな疑惑が噴出し、一転して厳しい目が向けられます。本人の「STAP細胞はありまぁす」という言葉の真偽を確かめるべく、7月からは本人と理研検証実験チームが個別に実験を行なってきました。

 そして12月19日、理研は記者会見を開き「STAP現象を再現できなかった。この時点で検証実験を終了する」と発表。事実上、理研としてはSTAP細胞の存在を否定しました。小保方氏は理研に退職届を出し、21日付で退職するそうです。これでどうやら、日本中が大騒ぎになり、自殺者まで出てしまったこの問題に一応の区切りがつきました。

 大人としては、ほぼ一年にわたって繰り広げられた波乱の出来事から、何を学び取ればいいのか。詳しいことは理解できていないのに、組織の側が否定したからといって「ケシカラン!」「とんだ食わせ者だ」と尻馬に乗って非難するのは、もっとも恥ずかしい行為。もし周囲にその手の人がいたら、自分が迷惑を受けたわけでもないにもかかわらず、叩きやすい相手を無邪気に叩いてしまうみっともなさを他山の石にさせてもらいましょう。

 小保方氏がどうとかSTAP細胞がどうとかは別として、大人として着目したいのは、小保方氏と野依良治・理研理事長がそれぞれに発表したコメント。

 小保方氏は、まず「予想をはるかに超えた制約の中での作業となり」と無念をにじませつつ、「与えられた環境の中では魂の限界まで取り組み、今はただ疲れ切り、このような結果に留まってしまったことに大変困惑しております」と全力を尽くしたことを主張した上で、迷惑をかけたことへのお詫びと支援へのお礼を述べています。

 高く評価できるのは、「魂の限界まで取り組み、今はただ疲れ切り」という表現。単に「全力で取り組みましたが」というよりも、はるかに迫力があります。ビジネスマンのみなさんも、仕事で頑張ったけど成果が出なかったときは「魂の限界まで取り組んで、今はただ疲れ切っています」と言ってみましょう。「それなら仕方ない」と思ってもらえそうです。

 いっぽうで、結果を受けて「困惑」という言葉を使ったのは感心できません。本人にそんなつもりはなくても、どこか「他人事」のように受け取って腰が引けている印象を与えます。みなさんも、上司に「この結果について、どう思ってるんだ」と言われたときに、うっかり「困惑しています」と言うのは危険。素直に「残念だと思っています」と言ったほうが、聞く側に無用の引っ掛かりを覚えさせずに済みます。

トピックス

ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
夫婦役で初共演の香取慎吾と岸井ゆきの。(c)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS
「香取慎吾さんは台本を覚えてこない」それが“いちばんいい役者”
NEWSポストセブン
ギャル曽根
ギャル曽根、“キレイな大食い”で好感度ぐんぐん上昇!バナナマン、有吉の冠番組でも“もう1人の顔”に 
NEWSポストセブン
引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)
引退の内海哲也、コーチ就任は西武か巨人か 去就を左右する恩師・堀内恒夫氏の言葉
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン