STAP細胞一覧

【STAP細胞】に関するニュースを集めたページです。

大津欣也理事長(国立循環器病研究センターホームページより)
「心臓病の最高権威」国循・大津欣也理事長に研究論文捏造・改ざん疑惑、直撃取材に語ったこと
 心臓病の分野で日本の最高権威とされる国立循環器病研究センター(国循、大阪・吹田市)。その経営トップである大津欣也理事長(64)が20年前から研究論文を不正に改ざんしていた疑惑が判明した。疑惑の論文には…
2023.07.21 10:59
週刊ポスト
国立循環器病研究センター・大津欣也理事長の研究論文に疑惑が(写真/共同通信社)
「心臓病の最高権威」に研究論文の改ざん疑惑 最新AIが見抜いた阪大研究者たちの「画像加工・再利用」の手口
 心臓病の分野で日本の最高権威とされる国立循環器病研究センター(大阪・吹田市)。その経営トップである大津欣也理事長(64)が20年前から研究論文を不正に改ざんしていた疑惑が判明した。疑惑の論文には、大津…
2023.07.21 10:58
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小沢一郎「自公政権を終わらせる最後の戦い」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小沢一郎「自公政権を終わらせる最後の戦い」ほか
 7月21日発売の「週刊ポスト」は、解散、内閣改造、マイナカードで揺れる政界に深く切り込むスクープ情報と、健康・財産を守る保存版特集に注目のスペシャル特大号。河野デジタル相の“妄言”から見えるマイナカード…
2023.07.21 07:00
NEWSポストセブン
試験には何回、チャレンジするのか(写真/JMPA)
小室圭さんと小保方晴子さん 世間の注目を集めた会見から見える共通点
 小室圭さんと眞子さんの記者会見は、圭さんが冒頭に「私は眞子さんを愛しています」と宣言したことが大きな注目を集めた。記者会見がこれほど国民的関心を集めるのは、「2014年4月に小保方晴子さんが開いた会見以…
2021.10.26 18:00
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動、佐村河内氏、号泣県議など 平成26年振り返り
STAP細胞騒動、佐村河内氏、号泣県議など 平成26年振り返り
 いよいよ平成も残すところあとわずか。そこで、1年ごとに噛み締めて振り返ってみたい。平成26(2014)年はどんな年だったのか。プレイバックしていこう。 関東地方を中心に45年ぶりの大雪となったこの年。「現代…
2019.03.04 16:00
女性セブン
レイザーラモンRG 際どいモノマネでも炎上しない極意を語る
レイザーラモンRG 際どいモノマネでも炎上しない極意を語る
 話題のトピックスを名曲に乗せて歌いあげる”あるある”ネタや、モノマネで人気のレイザーラモンRG(44才、以下RG)。今年は、髪の毛を剃ってその髪形を再現した細川たかしや、日本ボクシング連盟の山根明元会長の…
2018.12.25 07:00
NEWSポストセブン
強烈会見の至学館・谷岡学長、大学イメージは就活に影響?
強烈会見の至学館・谷岡学長、大学イメージは就活に影響?
 五輪4連覇を果たした女子レスリング・伊調馨に対する栄和人日本レスリング協会強化本部長によるパワハラ疑惑だが、真相はまだ明らかになっていない。騒動の渦中、伊調がかつて所属し、栄氏がレスリング部監督を務…
2018.04.05 07:00
NEWSポストセブン
旧石器ねつ造事件 慰安婦報道やSTAP騒動に連なる問題を内包
旧石器ねつ造事件 慰安婦報道やSTAP騒動に連なる問題を内包
 作家の佐藤優氏と思想史研究家の片山杜秀氏が平成という時代を振り返る「平成史対談」。今回は2000年に起きた「旧石器ねつ造事件」について語り合った。片山:忘れてしまっている人もいるかも知れませんが、ロシ…
2017.10.04 07:00
SAPIO
大川隆法氏の守護霊インタビューで星野源の霊は恋愛テク披露
大川隆法氏の守護霊インタビューで星野源の霊は恋愛テク披露
 清水富美加(22才)が刊行した『女優・清水富美加の可能性 ~守護霊インタビュー~』で話題になった、宗教団体・幸福の科学が行っている守護霊インタビュー。「守護霊インタビューと呼ばれるもので、大川隆法総裁…
2017.02.25 16:00
女性セブン
清水富美加 仕事打ち合わせ3日後、教団側弁護士登場で急転
清水富美加 仕事打ち合わせ3日後、教団側弁護士登場で急転
《私、清水富美加は幸福の科学という宗教に出家しました》。一際大きく綴られたその文字が、目に飛び込んでくる。2月12日、清水富美加(22才)は《ファンの皆様・報道関係者の皆様へ》と題した手書きの文書で芸能界…
2017.02.16 07:00
女性セブン
東大卒のママに聞く、“東大脳”を育てる習慣は?
東大初の「推薦入試合格者」は就活で不利になる?
 面接と書類審査で東大に入れる。そんな東京大学の「推薦入試」が今年からスタートした。昨年12月に書類審査を通過した受験生に面接が行なわれ、年明けのセンター試験の点数が加味された上で、2月10日に「推薦入学…
2016.02.16 16:00
週刊ポスト
理論上は永続的発毛が可能になる「17型コラーゲン」に興奮
理論上は永続的発毛が可能になる「17型コラーゲン」に興奮
 日本を代表する薄毛タレントである東国原英夫氏(58)が息を弾ませる。「ハゲ歴30年、すべての治療法をやり尽くした結果がこれです。STAP細胞が出たときは胸が高まったけど、結局は落胆に終わった。しかしいま、…
2016.02.15 16:00
週刊ポスト
小保方晴子氏を頑なに擁護する方々に「あのよ…」と嘆息
小保方晴子氏を頑なに擁護する方々に「あのよ…」と嘆息
 この世にはバカなことがあふれているが、建前をととのえるリアル社会では、バカがうまく隠れている。一方のネットでは、リアルと異なりバカがむき出しで存在していることが多い。ネットニュース編集者の中川淳一…
2016.02.09 16:00
週刊ポスト
故笹井芳樹氏の妻 遺書の真意「小保方氏に伝わっていない」
故笹井芳樹氏の妻 遺書の真意「小保方氏に伝わっていない」
 2014年、世界中を揺るがせたSTAP細胞論文騒動。その論文の筆頭研究者だった小保方晴子氏(32才)の手記『あの日』(講談社)が出版された。この手記について複雑な思いを抱くのは、理化学研究所の元副センター長…
2016.02.04 16:00
女性セブン
故笹井芳樹氏の妻 小保方氏手記は「読んでも仕方ない」
故笹井芳樹氏の妻 小保方氏手記は「読んでも仕方ない」
「あれから1年半ですか…。早いものですね。当時は本当に大変でした。悲しみはもちろん、マスコミが1時間おきにきて、ピンポンを鳴らすものですから。今、ようやく落ち着いた生活ができるようになりました」 冷たい…
2016.02.04 07:00
女性セブン

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン