芸能

『しくじり先生』で話題の杉村太蔵 「うるせぇ」の真意を熱弁

 8日深夜放送のバラエティー番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演した、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏(35才)。「失言で失敗してしまったしくじり先生」として”俺みたいになるな!!”と教える立場だったが、番組でもしくじり発言を連発。出演者から「そういうの言っていいの?」「現在進行形でしくじってません?」との声があがる始末だった。しかし、あけすけな発言と、面白すぎるエピソード、並外れたプレゼン力に、ツイッター上には「神回だ」「伝説レベルで面白い!」「クソすぎてうける」などの声が殺到。太蔵センセーの素顔は、番組で評されたように“魅力あるクズ”なのか?

【ハンパないメンタルの強さ】

「あの心の強さどっから来てるんだろ」
「メンタル鋼すぎるだろwwなんか元気出た!」
「今の若者に受けそう」

 ネット上ではそんな声があがった。というのは、番組で飛び出した彼のこんな“座右の銘”が関係している。

「うるせぇ」

 国会議員時代、失言で上司に叱られたり、世間からバッシングを受けたりするたびに内心、「うるせぇと思っていました」とか。ぶっちゃけトークに、出演者は大爆笑。とにかくメンタルの強さがハンパないのは間違いない。ここは、太蔵センセーに話を聞こう。

「細かいことをいちいち気にしてもしょうがないんです。議員時代、小泉さん(純一郎元首相)に『ストレスは次のストレスが解決してくれる』と言われましたが、その通りだと思うんです。ストレスがない仕事なんてない。上司から叱られるたびに、自分がダメだから、と落ち込んでたらもちませんよ。『うるせぇ』と開き直るぐらいがちょうどいいんです! そのほうが前向きに生きられると思いませんか?」

 なるほど。そう言われると「うるせぇ」が至極の名言に思えてくる…。ストレス社会に生きる我々には、ある意味、助けとなる言葉かも。

【あり得ないほどの強運】

 番組で紹介され、出演者から驚きの声があがったのが、彼の強運ストーリー。詳しい経緯は、昨年10月に出版され、発売2か月で1万部を突破した太蔵氏初の著書『バカでも資産1億円』に綴られている。同書によるとこうだ。

 テニスの国体優勝の経験からスポーツ推薦で筑波大学に入学した太蔵氏だったが、学業は思うようにいかず、さらに、ようやく興味を持って始めていた司法試験の勉強も挫折。結局、大学6年で中退することに。そこで、実家の旭川で歯科医院を開業している父親に「実家に帰って手伝うよ」と相談。すると、こう言われたという。

「働かないなら死ね!」 

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン