• TOP
  • ライフ
  • 寒風が当たっただけでも激痛が走る「三叉神経痛」の恐ろしさ

ライフ

2015.01.15 11:00  週刊ポスト

寒風が当たっただけでも激痛が走る「三叉神経痛」の恐ろしさ

 首から上の臓器の感覚を担っている神経は、左右12対ある。これらの神経は、両耳を繋いだ線の中間の奥深いところにある脳幹から出ている。その5番目の神経が三叉神経で、5~6ミリと最も太い神経だ。

 脳幹の一部の橋という部分から出た三叉神経は、耳の後ろ辺りで眉毛の上から額、鼻の脇から頬、顎と3つに分かれている。その三叉神経が血管に触れると、ショートする。神経はショートすると、微かな感覚でも神経全体が反応し、それが痛みとなって感じるようになる。これが三叉神経痛だ。日本医科大学付属病院脳神経外科の森田明夫教授の話。

「顔が急に痛くなる病気は、三叉神経痛以外にもあります。痛みのないときに顔が痺れていたり、痛みが持続する場合は、歯の病気や副鼻腔炎など他の病気のこともあります。若い方の場合は、群発頭痛や脳腫瘍などが隠れていることもあります。三叉神経痛であるかどうか、しっかりと確認する必要があります」

 三叉神経痛の検査は、MRIで脳内の血管を診て、血管が神経に触れてショートしている場所を探す。年齢が上がると、それまでまっすぐだった血管が曲がったり、ときにはとぐろを巻いて神経に触っていることもある。あるいは、ごく微かに神経を引き連れ炎症を起こしていることもあり、これが三叉神経痛の原因になっていることもある。

 三叉神経痛と診断された場合は、最初に薬物治療を行なう。神経の伝導を抑える薬として、てんかん治療薬のテグレトール(R)などの抗けいれん剤などが使われる。1錠100ミリグラムで激痛があっという間に解消することもある。しかし、時間の経過につれて効果が減少したり、多量に服用しないと効かなくなることもある。

 この病気は、寒さが厳しくなると血圧が上がり、症状が悪化することがある。また、血管の圧迫がひどくなり、神経を通り越してしまうことで症状がなくなることもある。まずは検査で、原因を特定することが治療の第一歩だ。

(取材・構成/岩城レイ子)

※週刊ポスト2015年1月16・23日号

関連記事

トピックス