ライフ

いくつ読める? 駅名博士が選ぶ全国「難読駅名」ベスト10

日本全国難読駅名第1位「特牛」駅の読み方は?

「特牛」──なんだか旨そうな名前のこの駅名、「とくぎゅう」ではない。全国の「読み方が難しい駅名」「思わず読み間違えてしまう駅名」を集めた『難読・誤読駅名の事典』(東京堂出版刊)の著者で地理研究者でもある浅井建爾氏が、全国の駅の中から「難読駅名ベスト10」を選んだ。浅井氏が語る。

「今回選んだ10駅は、知らない漢字を使っているわけでもないのに読み方が難しい駅名ばかりです。たとえば北海道ではアイヌ語を起源とした駅名があったり、あるいは単純に当て字をしただけの駅名があったりするなど、ルーツを辿ると面白いですね」

 あなたはいくつ読めるだろうか。

1位「特牛」(山口県下関市)

2位「及位」(山形県真室川町)

3位「朝来」(和歌山県上富田町)

4位「晩生内」(北海道浦臼町)

5位「上枝」(岐阜県高山市)

6位「麻植塚」(徳島県吉野川市)

7位「調川」(長崎県松浦市)

8位「笑内」(秋田県北秋田市)

9位「安足間」(北海道愛別町)

10位「飯山満」(千葉県船橋市)

 以上10駅。正解は下に。





1位「特牛=こっとい」
「とくうし」「とくぎゅう」と誤読されやすい。大きな牝牛をこの地方で「コトイ」と呼ぶことから。

2位「及位=のぞき」
 修験者が「高い地位に及ぶ」ために、「高所で宙吊りになり崖の横穴を覗く」修行をしたから。

3位「朝来=あっそ」
 兵庫県北部に位置する朝来(あさご)からの移民が開拓した土地に由来する説が有力。

4位「晩生内=おそきない」
 近くを流れる川がアイヌ語でオ・ショキ・ナイ(川尻が高くなっている川)と呼ばれていた。

5位「上枝=ほずえ」
 川上郷と三枝郷の2集落の合成地名で、旧村名でもあった。読み方は穂の先を意味する穂末にちなんだ。

6位「麻植塚=おえづか」
 同地に住んだ豪族が麻を植えたことに由来。麻や麻の皮で作った糸は古くは「お」とも発音した。

7位「調川=つきのかわ」
 朝廷に献上する「調物(貢物)」の生産地だったことが由来。水が尽きる(枯れる)川があったとの説も。

8位「笑内=おかしない」
 付近を阿仁川が流れる。「川尻に仮小屋のある川」を示すアイヌ語のオカシナイが由来。

9位「安足間=あんたろま」
 大雪山近くの山間に位置し、アイヌ語のアンタル・オマ・プ(淵のある場所)を由来とする。

10位「飯山満=はさま」
 人名のような駅名。ハザマ(狭間)に由来し、「山に飯が満ちる」という願いが込められている。

※週刊ポスト2015年1月30日号

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン