• TOP
  • ライフ
  • 大阪ならではの警告看板 「車停めんな、潰す」等感情的文言

ライフ

2015.01.31 16:00  週刊ポスト

大阪ならではの警告看板 「車停めんな、潰す」等感情的文言

カメラ片手に関西の街を練り歩く吉村智樹氏

 ボケているのか、マジなのか──。ツッコミどころ満載の街・大阪を中心に、関西の“珍風景”を30年間撮り続けている京都在住の放送作家・吉村智樹氏。長年撮りだめた“作品”に新作を加えて1冊にまとめた『ジワジワ来る関西』(扶桑社刊)が話題だ。

「高校生の時に見た『東洋紅茶のことしか知らない紅茶屋』という手書きの看板がキッカケですね。『東洋紅茶専門店』とすればいいのに、なんでこんなに自己主張が強いんだって可笑しくてハマりました(笑い)」

 守備範囲は近畿圏ほぼすべてにわたり、撮影の日には朝6時から深夜1時まで歩き回るという。

「自転車は見落とすから使いません。車は脇見運転になるので、もってのほか(笑い)。同じ街を朝、昼、晩と3回は歩くのでズボンの股が裂けてしまい、最近は頑丈な作業ズボンで歩いています」

 使うカメラは3台。ノーマル、広角レンズをつけたものと、小さい文字が多いメニューなどを撮る際に欠かせないどこにでもすぐピントが合うタイプのもの。

「大阪人の特徴は“警告”看板によく出ていると思います。『飼い主のフンは犬が始末してや』とか『車停めんな、潰す』とか、感情的になっている様子が文字に表われています」

 不審者扱いされることもたびたびで、漏電している水たまりに膝をついて感電したこともあるという。命がけで街の中のユーモアを探し続けるのだ。

※週刊ポスト2015年2月6日号

関連記事

トピックス