ビジネス

花粉症にかける費用 「1シーズンに2万円以上」の重症例も

花粉症対策費が家計を圧迫?

 少しずつ春らしい陽気になり、休日の外出予定を立てている人も多いだろうが、関東を中心に今がピークの花粉症患者にとっては、そんな気分にさえなれないはず。

 東京都福祉保健局が情報発信する「とうきょう花粉ネット」の予報マップ(3月11日)を見ると、1立方メートルあたりの花粉個数が「極めて多い」を示す赤色で塗りつぶされ、東京全域をすっぽりと覆っている。

〈予報を見るだけで鼻がムズムズする〉〈ヤバイ、死ぬ!〉といった悲鳴がネット上に溢れた。

 東京都内を流す個人タクシーの運転手はこんな話をする。

「朝から勤務して夕方にもなると、タクシーの窓にはびっしりと花粉がこびりつきます。濡れたタオルで拭き取ると見事なまでの“真っ黄色”。顧客の中には重い症状の人もいて、先日は会社を休んで寝込んでしまったそうです」

 だが、いくら出掛けずに家にこもっていても花粉症が完治するわけではないし、内服薬や目薬・点鼻薬、マスク、ティッシュ……と対策商品の出費は否応なくかさんでくる。

 一体、花粉症患者は予防や治療にどのくらいお金をかけているのか。千葉県在住で「花粉症歴30年」という40代男性(自営業)が話す。

「私の場合、スギやヒノキだけでなくイネ科の植物でもアレルギー反応を起こすので、花粉症は梅雨明けまで続きます。

 近所の耳鼻科に行けば受診料とクスリ・目薬・点鼻などの処方代で1か月4000円ほど。それらを市販薬で代用しても2500円程度はかかります。その他、マスクやのどあめなど例年買っている物を合計すれば、1シーズンに2万円以上は花粉症対策に使っていると思います」

 2013年の「家計調査」(総務省統計局)によれば、市販の鼻炎薬を含む「他の医薬品」の月別支出額(2人以上世帯)は花粉の飛散が始まる2月がもっとも高く1594円となっている。

 また、2月、3月は他の月と比べてティッシュペーパー(239円)、マスク(保健用消耗品・734円)、目薬(他の外用薬・337円)などの支出額も総じて高い傾向にある。この時期、鼻炎薬を含めたこれら花粉症関連の4品目が売れているというわけだ。

関連キーワード

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン