国内

「女の涙を武器にするなら小渕優子レベル必要」と倉田真由美

 昨年は多数の記者会見があったが、その中でも「涙」を見せた代表格が小渕優子氏と小保方晴子氏だ。二人の「涙」にはいかなる違いがあったのか。漫画家の倉田真由美氏が比較した。

 * * *
 このご時世「涙は女の武器」なんて考え方は古い。今の若いコの多くはそれで世の中を渡れるとは考えておらず、職場でそう簡単に泣かなくなっている。にもかかわらず職場で泣く女は今も存在する。

 記憶に新しいところでは、“幻のSTAP細胞”で世間を賑わせた小保方晴子さんの涙。私の周りの男性からも「あの謝罪会見での涙は美しかった」などと絶賛が相次いだ。彼女なりに必死に頑張って、それでもダメだった時にこらえきれずに流した涙。衣装や髪型、涙など、あの清楚な雰囲気のどこまでが演出だったのかは不明だが、世のオジサンの心をつかんだのは間違いない。

 しかし、あの小保方さんの“ぶりっ子”は同性からもっとも嫌われるパターンであり、女からの支持はあまり得られなかったはずだ。

 また、いくらオジサンにウケても“そこ止まり”ということに気付いて泣いている女は少ないのではないか。

 ある大手商社の人事担当者から「女同士でうまくやれる、波風を立てない女性を採用したい」という話を聞いたことがある。男の上司が管理職まで引っ張りあげたい女性は、“守ってあげたい女”ではない。仕事で本当に登りつめたいのであれば男にも女にも認められないとダメ。泣くだけで出世できるとは限らないのだ。

 成功例の典型としては、失脚前の小渕優子議員くらいだろう。あの絶妙なショートカットや無難なスーツの色など、どれをとっても男っぽすぎず、女を出しすぎない見事なバランス。完全に失脚してもおかしくなかった問題だったのに、そんな立ち居振る舞いでこらえきれずに思わず涙を流せば、自民党の長老や地元の有権者だって放っておくわけがない。

 しかも“ぶりっ子”のない姿に同性からの反感もない。ロクな禊もないままに再選を決めた彼女は、相当な”人たらし”に違いない。同じ演出でも小保方さんとは比較にならないほどスケールが違う。彼女くらいになって初めて涙は効果的な武器になる。

 今の時代に女の涙を武器にして職場でのし上がりたいのであれば、あの小渕優子レベルまで高めないとダメ。そこまで演出できない安っぽい涙なら、最初から男にすがるなと言いたい。中途半端な女の涙はうっとうしいだけ。世間はそこまで甘くないのだ。

※SAPIO2015年4月号

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン