ビジネス

任天堂スマホゲーム進出 「儲けは二の次」の狙いを識者解説

ニンテンドー3DSでもお馴染みのマリオがついにスマホゲームに

「背に腹はかえられず」「長い物に巻かれた格好」――マスコミや業界関係者から酷評されているのは、3月17日にソーシャルゲーム大手のディー・エヌ・エー(DeNA)との業務・資本提携を発表した任天堂である。

 今後、両社はマリオやゼルダといった任天堂の主力キャラクターを使い、新たなスマホゲームを共同開発していく予定だ。

 これまで一貫して据え置き型の家庭用ゲーム機販売にこだわり、市場が急拡大するスマートフォン向けのゲームビジネス参入を否定し続けていた同社。だが、『Wii U』や『ニンテンドー3DS』の販売が振るわず業績悪化が深刻だっただけに、「最終的にはスマホに依存するしか手がなかった」との声が出るのは仕方ないのかもしれない。

〈消去法で今回の提携に踏み切ったというのは誤解〉
〈スマホ向けゲームをやらないとは言っていない〉

 それでも任天堂の岩田聡社長は会見でこう反論したという。まるで大きなビジネスモデルの転換には当たらないと言わんばかりの発言だが、その真意はどこにあるのか。

 エース経済研究所アナリストの安田秀樹氏が解説する。

「任天堂は儲けるためにスマホゲームに参入しようとは思っていないからです。スマホはあくまでゲームを体験してもらうためのツールに過ぎず、最終的には既存のゲーム機や来年発表する予定の新型ゲーム専用機『NX』(開発コード名)に顧客を送り込み、そこで利益を出すのが狙いです」

 次世代機「NX」の詳細は明らかにされていないが、「スマホゲームと連動させてユーザーを専用機に取り込むための仕掛けがいくつも用意されるはず」(業界関係者)との予測がもっぱらだ。

 ゲームユーザーの中心である若年層をスマホに奪われているのだとしたら、まずは任天堂の往年キャラに親しみを持ってもらい、スマホゲームで遊び足りない要素を「続きは専用ゲーム機で」と誘う戦略である。

 果たして任天堂の狙い通りにゲーム機の復権に結び付くかどうかは分からないが、少なくてもこの方向性は海外展開でも有効に働くという。

「例えばマリオのキャラは世界でも断トツの知名度を誇っているものの、新興国の中にはまだ任天堂のゲーム機を買いたくても買えない人がたくさんいますし、物流の問題で販売できない地域も残っています。

 そんな場所でスマホを下地としてマリオの魅力が広まれば、現地の小売業から新たなニーズが生まれる可能性もある。任天堂もまだ1億人以上の人たちにアプローチできると考えているようです」(前出・安田氏)

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン