• TOP
  • 国内
  • 中川議員と路チューの門議員に地元からも疑問の声 家族は避難

国内

2015.03.19 07:00  女性セブン

中川議員と路チューの門議員に地元からも疑問の声 家族は避難

 紀伊山地の麓に位置し、紀ノ川が南北を貫く和歌山県伊都郡に、自民党の門博文議員(49才)が妻子と暮らす自宅がある。中川郁子議員(56才)との“不倫路チュー”が報じられた3月初旬以降、この家から人の気配が消えたという。

「夜も明かりがつかなくて、雨戸も閉めっきりや。一家でどこかに避難したんやろね。そりゃ旦那があんなことしてくれたら、近所に合わす顔なくなるわな。家族がいちばんの被害者やで…」(近所住人)

 不倫路チューの発覚直後、体調不良を訴え入院していた中川議員は退院後の3月12日に国会で答弁し、うつむいたまま涙声で謝罪したが、集中砲火はおさまらず「(亡くなった夫は)どう思っているのか」「顔を上げろ!」など怒号が飛び交った。入院先での喫煙も追及され、釈明する姿は見ていられないほどだった。が、一方でこの間、門議員は何をしていたのか。

《お酒で気が緩み軽率で誤解を招く行動だったと深く反省しております。二度とこのような事のないよう、今後も誠心誠意職務を全うしてまいります》

 こんな謝罪文をHP上で発表しただけで、報道陣の矢面に立つこともなく、全ての火の粉を彼女にかぶらせ、何事もなく議員生活を続けている。

 彼のこうした行動には今、地元の和歌山でも疑問の声が噴出している。

「妻子持ちなのは門さんの方なのに、何も責められず、何の説明もせんて、誰が納得するんや。奥さんがかわいそうでならんわ。彼女は小学校の教師をやっとって、礼儀正しくてしっかり者よ。旦那は東京暮らしやから、留守中は奥さんがこっちの後援会事務所によう顔出して、支持者への挨拶回りもしとる。そんな奥さんを裏切っといて…」(近隣住人)

 門議員は、この糟糠の妻との間に娘を3人もうけており、上から大学3年、高校2年、中学3年と思春期真っ盛り。

「昨年末の総選挙で、比例で当選が確定した瞬間、娘さんたちが父親と抱き合って号泣してたんよ。あれからまだ3か月やで。しかも下の子は、高校受験の最中でな…」(別の近隣住人)

※女性セブン2015年4月2日号

関連記事

トピックス