芸能

有吉弘行 超高級マンションでの部屋着姿に近隣住民から苦言

有吉弘行に超高級マンションの近隣住民から苦情

 現在レギュラー12本(うち10本がMC)を抱える超売れっ子芸人の有吉弘行(40才)。ツイッターのフォロワー数も国内初の400万人を突破し、年収は5億円を下らないともいわれている。

 そんな彼が都内でもトップクラスの超高級マンションの住人になったのは1年前。家賃15万円の部屋から5倍近い家賃70万円の部屋に引っ越し、超一流ホテル御用達の100万円超のベッドまで購入しての新生活だった。

 しかし、そんな彼に近隣住民から、こんな“イエローカード”が…。

「有吉さんをお見かけするときはいつも着古した部屋着のままで、寝起き?と思うほど影が薄くボーっとした様子で…。ここの住民は、ゴミ出しのときにもきちんとした格好の人が多いので、“有吉さんも、もう少し人目を気にしてくれたらいいのに…”という声をちらほら聞くんですよ」(同マンション住民)

 有吉は超売れっ子芸人ながら、「愛車は6年落ちのオデッセイ」「ファッションも興味がない」「1回の食事に5000円かけるのはおかしい」「『吉野家』に行って(牛丼に)お新香つけるのだって、ちょっと震える」などと発言する庶民派。『猿岩石』で大ブレークした後の大転落のトラウマのせいか、再ブレーク後も質素な生活を送り、これも人気を後押ししてきたのだが、新居では大きな仇となってしまったようだ。

 実は有吉のような超高級マンションでは、その生活スタイルをめぐってトラブルになるケースが多いという。

 マンション管理士で吉田総合事務所代表の吉田富美男さんはこう話す。

「高級マンションはホテル並みの安心、安全、快適性を求める水準が高く、その分、使用上のルールを細かく決めています。例えばベランダでの外干しは景観を損ねるから、喫煙やBBQは火災の危険や煙の問題から使用細則で禁止されていることも多いです。また管理規約などで明確に禁止されていることではなくとも、明らかにそのマンションに似つかわしくない訪問者が多い場合には他の住民から苦情が入るケースもあるんですよ」

※女性セブン2015年4月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス