• TOP
  • 国内
  • 首相はIS事件時の「日本人に指一本触れさせぬ」発言思い出せ

国内

2015.03.24 07:00  週刊ポスト

首相はIS事件時の「日本人に指一本触れさせぬ」発言思い出せ

 3月18日に、チュニジアで日本人3人を含む19人の観光客がテロリストに虐殺された。日本政府に問われるのは、危険をどれだけ真剣に検討し、必要な措置を考え、対処したのかのプロセスだ。

 安倍晋三首相はイスラム国が後藤健二氏、湯川遥菜氏を殺害したことを受けて自分が語った言葉を思い出すべきだ。

「彼らに罪を償わせるために人道支援する」
「日本人には指一本触れさせない」

 このうち有言実行しているのは人道支援だけだ。「罪を償わせる」とはどういうことかと国会で質問された安倍氏は、「犯人を追いつめて法の裁きを受けさせる」と答えている。

 では、犯人を追いつめるために何をしたかというと、「殺害実行犯と見られるイギリス人テロリストについて、警察庁が本名などをイギリス当局に問い合わせている」(政府関係者)だけだ。「指一本」のほうは政府が何かしていた形跡さえないのだから、これでは口先政治だ。

※週刊ポスト2015年4月3日号

トピックス