• TOP
  • 芸能
  • 原田龍二 「下戸の甘党」だから大物に可愛がられるとの証言

芸能

2015.03.25 16:00  NEWSポストセブン

原田龍二 「下戸の甘党」だから大物に可愛がられるとの証言

 3月18日の放送をもって終了した人気刑事ドラマ『相棒season13』(テレビ朝日系)。主役の杉下右京を演じる水谷豊だけでなく、その脇を固める役者の味わい深い演技も、同シリーズの人気を支えている。

 そんな名脇役の一人が、捜査第一課強行犯捜査第一係・陣川公平を演じる原田龍二(44)だ。経理職にも関わらず刑事への憧れが捨てきれず、出演する回では何かと騒動を巻き起こし、杉下右京から呆れられる“オイシイ”役どころを好演している。テレビ番組制作会社スタッフが語る。

「実際の現場では原田さんはとても水谷さんと気が合うようで仲良くしていますよ。というのも、水谷さんも原田さんもお酒が飲めないうえに甘いもの好きという共通点があるからです。劇中の陣川は酒癖が悪いという設定ですが、実際は飲めないんですよ。

 役者さんはお酒を通じて他の役者さんと仲良くなるなんてことも珍しくないのですが、水谷さんはそういったことが苦手な方なので、お酒を飲めない気持ちを分かってくれる原田さんがかわいいみたいです。陣川がオイシイ役どころなのも、水谷さんの配慮かもしれませんね」

 原田は2010年まで『水戸黄門』(TBS系)で“助さん”を演じていたが、水谷同様、下戸で甘いもの好きという“黄門さま”里見浩太朗とも意気投合したという。共通項があるとはいえ、大物から好かれるその人柄が気になるところだ。原田を知る放送作家はこう語る。

「人懐っこいというか天然っぽい方ですね。温泉好きを公言し、度々、旅番組などにも出演しています。以前、温泉を巡る企画に出演した際には、なぜか全裸姿で写真に納まっていました。しかも、その画像を対決している女性チームに送信していましたからね(笑)。

 向こう見ずというか、子どもっぽいというか、無邪気というか。陣川公平というキャラクターに通ずるところがある。原田さんだからこそ、陣川は憎めないキャラとして成立してると評判ですよ」

関連記事

トピックス