ライフ

片山さつきや大島優子も 昼寝て夜動くウサギに癒される人々

小型な種類のウサギが人気

 15歳未満の子ども数をペット数が上回るいま、家庭でかわいがられる動物はイヌやネコだけではない。観賞魚やハムスター、小鳥などが注目を集めているが、元AKBの大島優子や片山さつき参議院議員らが「癒される」「うちの家族」とかわいがっているペットは「ウサギ」だ。学校の飼育小屋で飼われているイメージが強いウサギだが、今では、家族の一員になりうる魅力的なペットとして定着した人気がある。

 飼い主になってもうすぐ4年になる40代会社員男性は、小学生の娘が欲しがったのをきっかけにウサギを家に迎えた。

「マンガ『うちの3姉妹』に影響されて、作中で飼っているのと同じウサギを娘が欲しがったのがきっかけです。イヌやネコと違ってウサギはペットになるのかなあと思っていましたが、しばらくして慣れたら足もとにじゃれついてきたり、かわいいですよ。獣の臭いもしないし、餌代も安くて世話が楽です。散歩も試しましたが、爪が割れたりカラスに狙われるので向いてなかったですね。もっぱら室内で運動しています」

 ウサギ専門雑誌『うさぎの時間』編集部の保坂夏子さんも「ウサギはペットとして定着したと思います」という。

「ブームを経てウサギカフェやイベントなどが増え、飼っていなくてもウサギと触れ合える場面が多くなりました。不定期ですが、品評会的なものも行われています。そういった機会を通してウサギがイヌやネコと同じように人になつき、柔らかくて触り心地がよく、ウサギ独特のかわいいしぐさがあることが広まりました。少し前に、ペットとして飼われているウサギは100万羽を超えたという調査もあったんですよ」

関連キーワード

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン