芸能

安藤優子の母「臨床美術」で認知症改善 個展も2回開催した

1月に亡くなった母の「臨床美術」を回想する安藤優子

 今年1月に母・みどりさん(享年89)を亡くしていたことを明らかにしたキャスターの安藤優子さん(56才)。みどりさんは、73才のころに認知症の症状が出始め、6年前から介護付有料老人ホームに入っていた。

 認知症は現在、決定的な改善を促す薬はなく、進行を遅くしていくこと以外ない。薬によって食欲をなくし、記憶も曖昧になっていったみどりさんだが、施設に入って1年が経った頃、「臨床美術」と出合う。独自のアートプログラムに沿って創作活動を行うことで、認知症の症状を改善させるもので、みどりさんは劇的な変化を遂げた。その様子を安藤さんが振り返る。

「私の友人に、臨床美術士の資格をとった人がいて、お母さんにこのプログラムをやってみていい? って。初日に、友人がアンスリウムの花を買ってきました。母はハワイが好きで、私とよく旅行していたんです。花から広がるハワイの思い出を、うまくしゃべれなくてもあれこれ会話して、ハワイアン音楽をかけて、窓を開けて風を入れ、ちょっとお香も焚いて。手のマッサージをして、50分たったら、最後の10分で自由にアンスリウムを描きます。最後に『あんどうみどり』とサインを入れました」

 アクリル絵の具とパステルで描かれたアンスリウムの絵に、安藤さんは目を見張った。みずみずしい色彩感覚と大胆な構成は、元気な頃の母その人を思わせた。安藤さんはこう話す。

「色遣い、筆致を見たとき、『なんだ、母は何も変わっていないんだな』ってわかったんです。認知症で言葉を失ったかもしれないけど、母らしさは何も奪われてない。あの母はもういない、と打ちひしがれていた私は気持ちがすごく楽になりました。

 絵を描いたときの母がね、『よくできた』って振り絞るように言ったんですよ。自分を褒めた。それまでは、ずっと否定の連続だったんですね。しゃべれない、歩けない、料理もできない、自分で自由に食べられない。自分自身に対する否定が、母の怒りの根源でした。ドラマみたいな話ですけど、初めて自分を肯定できたところからがらっと変わって、気持ちが落ち着いていったんです。

 カリフラワー、下仁田ネギ、大根。身近な素材を、毎週1枚のペースで描いていきました。86才と88才の時に個展を開いたので、90才の今年、3回目の個展を開くのが私の夢でした。だから母が亡くなったとき、『ここで死んじゃうの?』って。

 3年ほど前から言葉を失っていた母に、亡くなる少し前、言葉が戻っていたんです。『ああ、おなかすいた』とか、『おはよう』とか。姉のことを『雅子』、私を『優子』と呼んでみたり。今思えば命が最後の瞬間に強い光を放ったのかな。

 この3年は非常に穏やかで落ち着いていたので、食欲が落ちたのを機に徐々に認知症の薬を減らし、最後の1年ではすべてやめていました。怒りの感情が強い認知症の初期には投薬もしかたないんですが、気力をなくし一日中うつらうつらした状態では嚥下力も落ちるんですね」

※女性セブン2015年4月9・16日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン