国際情報

シンガポール元首相リー・クアンユー氏の親日エピソード紹介

 小国シンガポールを東南アジアの金融・貿易センターに成長させたリー・クアンユー元首相が、3月23日、この世を去った。

 リー氏は1923年、当時イギリスの植民地だったシンガポールの華僑の家に生まれた。留学先のケンブリッジ大学を首席で卒業し、弁護士を経て、1963年に連邦国家マレーシアのシンガポール州政府首相に就任。1965年のシンガポール独立に際して初代首相に就任し、1990年まで25年間にわたって首相を務めた。退任後も上級相や顧問相として国家運営に関わり、国内のみならずアジアの重鎮として大きな存在感を示してきた。

 建国時わずか516ドルだったシンガポールの1人当たりGDP(国内総生産)は、2014年には5万6200ドル強と100倍以上に伸び、日本の約3万7500ドルをも大きく上回る。リー氏がいかに偉大な指導者だったかがわかる。

 資源のない小国をいかに発展させ、豊かにしていくか。リー氏がモデルにしたのは日本だった。50年に及ぶ交流があった明石康・元国連事務次長がいう。

「彼は親日家で、シンガポールの国家運営の手本として、戦後奇跡的な復興を遂げた日本に熱い眼差しを送っていました。とくに日本の労働者については、水準が非常に高いと70年代から評価していた」

 1995年には雑誌『SAPIO』での大前研一氏との対談で、日本についてこう述べている。

「現代史上、日本は最も驚嘆すべき国の1つだと思います。なぜなら、あなた方は1868年(明治維新)を出発点に封建時代から近代社会への適合に着手し、ロシア海軍を打ち破った1905年(日露戦争)までの37年間で、それを達成することができたからです。あなた方はまた、1945年の全面的な崩壊から30年で再興することに成功しました」

※週刊ポスト2015年4月10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン