• TOP
  • 国内
  • 石破茂氏 公用車をレクサスに変更はクラウン怖いからの珍説

国内

2015.04.09 07:00  週刊ポスト

石破茂氏 公用車をレクサスに変更はクラウン怖いからの珍説

 石破茂・地方創生担当相が久々に国会で“主役”となったのは3月30日の衆議院予算委員会だった。民主党の玉木雄一郎・代議士が、石破氏の公用車について追及した。

 これまで同氏が使用していたのは、管轄する内閣府が2013年11月に購入したトヨタの「クラウン」(新車で550万円程度)。それが、この2月から高級車「レクサスLS460」(約1000万円)に乗り換えたというのだ。

 しかも月に39万円を支払ってレンタカーに乗ったうえで3月にはワンランク上の「レクサスLS600H」(約1100万円)を購入した。

 大臣は自著などで乗り物好きを公言している。石破事務所に聞くと秘書がこう答えた。

「今、大臣がプライベートで乗っているのはレクサスLS460。2月にレンタルしていた公用車と同じ? そうです。でも、公用車は内閣府が選ぶので、こちらはノータッチ。その前は日産の『セドリック』に長年乗っていました。高級車が好きなのではなく、気に入った車に乗っているだけです」

 あまりに不可解な“ワガママ”ぶりに、珍説も飛び出した。「クラウンに苦い思い出があるからではないか」というのである。

 2008年2月、石破氏は公務の最中に交通事故に遭った。その時に乗っていたのが当時大臣を務めていた防衛省の公用車、クラウンだったのだ。同省関係者がいう。

「イージス艦『あたご』と民間の漁船の衝突事故に際し、被害者の家族に謝罪に向かう途中の出来事でした。大事には至らなかったが車の前部が破損してしまい、別の車に乗り換えて謝罪に向かいました。ナイーブな案件の道中だっただけに、大臣は激怒していた」

 自著で「戦車が好き」とも語っている大臣。本当に乗りたいのは事故を起こしても無傷な戦車かも。

※週刊ポスト2015年4月17日号

関連記事

トピックス