スポーツ

競歩世界新・鈴木雄介 今後も警告を一つももらわないつもり

好きな言葉は「美しく勝つ」(競歩の鈴木雄介)

 辰口中2年時に本格的に競歩を始め、小松高3年時にインターハイの5000メートル競歩で優勝。順天堂大学を経て、2010年に富士通入社。3月15日に行なわれた全日本競歩能美大会で1時間16分36秒の世界新記録を樹立した鈴木雄介(27)は、競技に専念しようと昨春、正社員から時間に融通が利く嘱託社員になった。

 毎朝9時半頃から近くのグラウンドや路上で練習すると寮に帰り昼食は自分で作る。午後は治療や筋力トレーニングに時間を使い、夕方1時間ほどジョギングする。規則正しい生活を送り、毎日の練習メニューも自ら立てる。競歩と違う動きを取り入れることにも積極的だ。

「昨年、大阪のスポーツクラブで体幹理論の説明を受けたらバランスボールの上に立つこともすぐに出来るようになりました。ブログで見て興味が湧いたので行ってみたんです。興味を持ったことは何でもやってみる。やっていいと思ったものを吸収して取り入れるんです」

 警告を2つとられてもいいから勝ちたい、という競歩選手が大半のなかで鈴木は究極の美学を求めている。

「僕はこれからも警告をひとつももらいたくない。美しいフォームで優勝することが世界一の競歩選手だと思っています。3月に世界記録を樹立して夢は叶ったのかなとも思いますが、やっぱりオリンピックという大舞台で金メダルが欲しい。今年の北京世界陸上、来年のリオ五輪、再来年のロンドン世界陸上と、3年連続の金メダルを目指すので、応援のときは『雄介』と呼んでもらえると嬉しいですね」

 モットーは「美しく勝つ」。世界記録保持者が目指すのは、競歩での“パーフェクトゲーム”だ。

【プロフィール】すずき・ゆうすけ/1988年1月2日生まれ。石川県出身。辰口中2年時に本格的に競歩を始め、小松高3年時にインターハイの5000メートル競歩で優勝。順天堂大学を経て、2010年に富士通入社。20キロ競歩では2011年テグ世界陸上で8位入賞、2012年ロンドン五輪36位。170センチ、57キロ。

■取材・文/酒井政人 撮影/国府田利光

※週刊ポスト2015年5月1日号

関連キーワード

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
街コンにも様々なタイプが…(イメージ)
既婚者だけが集まる「不倫街コン」 会場全体で「パートナーには内緒」の共犯関係が成立
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン