スポーツ

1試合で240億円  常識外れな「高額ギャラ」の世界

(C)NAOKI FUKUDA

一時は約15年ぶりに日経平均が2万円を突破するなど、景気回復への期待が高まっている。それに応じて我々の給料もアップしてほしいものだが、なかなかそうはいかない。株価は上がっても、なかなか生活が楽にならないというのが、庶民の実感ではないだろうか。しかし、世界にはとんでもない金額を稼いでいる人がたくさんいる。憂さ晴らしというわけではないが、我々の常識ではとても想像できない“高額ギャラ”の世界を覗いてみよう。

まずは、ボクシングのファイトマネーから。5月2日(米国現地時間)にフロイド・メイウェザーとマニー・パッキャオが対戦する試合が“世紀の一戦”として注目されているが、なんとこの試合にかけられたファイトマネーが2億ドルだというのだ。1ドル120円で計算して240億円という桁外れな高額。たった1試合でこれだけの金額が動くなんて、庶民の我々には、とても想像できない。仮に1ラウンドKOだったら、たった数分で一般人が一生かかっても稼ぐことができないような金額が、二人の手に転がりこむことになるのだ。

メイウェザーは5階級制覇し、戦績は47戦全勝。その実力のみならず“ヒール”としても絶大な注目度を誇っている。一方のパッキャオも、6階級制覇を達成したスーパースターだ。二人が戦うビックマッチだからこそ、これだけのファイトマネーが動くのだろう。

ちなみに、アメリカ国内で視聴するPPV視聴料(1番組ごとに課金して視聴するシステム)は、ハイビジョン画質は99.95ドル。つまりテレビで視聴するだけで、12000円近い金額を払わなければいけないことになる。仮に100万人が観たとすれば、120億円ほどのマネーが動くことになる。こんな高額な番組課金は日本では見たことがない。ちなみにアメリカでは観戦にビッグマネーが飛び交うこの試合が、日本ではWOWOWで5月3日に生中継されるようで、こちらは初月無料の月額2300円(税別)で済んでしまう。

お次は華麗にランウェイを歩くスーパーモデルのギャラ 。4月15日に引退した女性モデル、ジゼル・ブンチェンの年収は56億円あったそうだ。長者番付2位のモデルが10億に満たない年収だったというから、彼女がどれだけ突出しているか伺えよう。ちなみに、日本人スーパーモデルの冨永愛は、ワンステージで稼ぐギャラは100万円だと過去に明かしている。単純にステージ収入のみでブンチェンに追いつくには、5600ステージも必要になる。

三つ目に紹介するのは、ハリウッド俳優の映画出演料 。誰もが憧れる華やかな世界だけに、さぞや大きなマネーが飛び交っているのでは思われるが、実際はどうなのであろうか。雑誌「日経エンタテインメント!」によると、男優のトップは『アベンジャーズ』と『アイアンマン3』に出演したロバート・ダウニーJrで58億5000万円、女優は『ゼロ・グラビティ』に出演したサンドラ・ブロックで、こちらも58億5000万円だった。ハリウッドのセレブは、1本の映画でこれだけの額を稼ぐのだ。まさに、アメリカンドリームである。

最後に紹介するのは、日本人のこの人 。田中将大投手がメジャーリーグのヤンキースに移籍する際に結んだ契約金は、約161億円(7年契約)だった。これは、日本人メジャーリーガーの過去最高額で、メジャーリーグ史上でも投手のなかで5番目に高い契約という。残念ながら昨年は怪我に泣いたが、今年は4月8日に7回2安打無失点で2勝目をあげるなど、復調の兆しを見せている。ぜひ、“161億円右腕”の実力を見せてほしいところだ。

ギャラではないが、マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏の 資産総は約9兆5000億円という。一方、日本人の平均年収は400万円ほど 。そう考えると少し悲しい気持ちになってしまうが、高額ギャラの彼らにあやかって、いつかは億万長者になってみたいものだ。

関連記事

トピックス

死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
退所を発表した松本潤
【松本潤が独立】7月から野田秀樹氏が手がける舞台に出演、ロンドンでも上演 舞台初共演の長澤まさみの“凄み”に刺激を受ける
女性セブン
2018年8月に本誌の取材を受けた際も“ねじねじ”だった(撮影/小暮誠)
急逝・中尾彬さん 萬田久子、名取裕子、由美かおる、安達祐実らとの「美女対談」で際立っていた博覧強記
週刊ポスト
7月のイベントでファンの前に姿を見せる中森明菜(YouTubeより)
《7月のイベントで完全復帰へ》中森明菜、SNS時代にささやかれる不安要素 「陽」の聖子と比較して「陰」と評された歌姫は再びかがやくことができるのか
NEWSポストセブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
大谷翔平、始球式サプライズに「なんてナイスガイなんだ」と全米絶賛 幻となった“真美子夫人の始球式”は7月以降に実現の可能性
女性セブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン