ビジネス

ドンキ創業者 日銭を稼いで生活した若き日の無頼生活を語る

ドンキホーテの会長兼CEO・安田隆夫氏

 ドンキホーテHD代表取締役会長兼CEO・安田隆夫氏が65歳にして引退を発表した。関連会社も含め全ての取締役を後進に委ねるという。「安売りの帝王」と呼ばれ、小売業を掻き回し続けた安田隆夫とは一体どんな人物なのか? 安田氏と交流のあるジャーナリスト・藤吉雅春氏が迫る。

 * * *
 安田の原点を見ようと、岐阜県大垣市で取材を行った。駅前の公衆電話で電話帳を片っ端からめくり、一年前に行われた彼の父親の葬儀場を探した。葬儀場がわかれば、実家の場所がわかると思い、そうしてたどり着いたのが小さな安田の生家だった。軒下に、古新聞とともに安部公房全集など文学全集が紐で結わえてあったと記憶している。

 地元の同級生たちに聞いて回ると、「ガキ大将」の逸話は多く聞いたが、一方で休み時間には一人で静かに読書をする読書家でもあった。

 呼び鈴を鳴らすと、母親が玄関に現れたので、取材をしている旨を伝え、話は自然と安田の少年時代になった。安田が中学生の時、母親が呆気にとられたことがあるという。何の本の影響なのか、こう言ったのだ。

「俺は波瀾万丈の生き方をしたい」

 工業高校の電気科で教鞭をとる父親は、その話を聞き、こう呟いたそうだ。

「俺は石橋を叩いても考え込むタイプなのに、あいつは崩れかけた石橋でも渡ってしまう」

 安田は、地方では満たされない思いを上京して実現しようとした。慶應大学法学部に入学するも、シティボーイの多い環境になじめずすぐにドロップアウトした。鬱屈はたまっていくばかりだった。安田は今、こう言う。

「10代の頃、自分が社会に適合していないという劣等感がありました。しかしその一方で、自分は他の人たちとは違うんだという、自我への誇りみたいなものもあった。ただ、みんなとの違いとは何なのか。それがわからなかったから、言葉にできなかったんです」

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン