芸能

熱愛発覚の藤原紀香&片岡愛之助 出会いはNPO、7月から共演

自ら立ち上げたNPOが愛之助との出会いという紀香

 熱愛が報じられた藤原紀香(43才)と片岡愛之助(43才)。2人の出会いはいつだったのだろうか。

「東日本大震災後、紀香さんは自ら立ち上げたNPO『Smile Please☆藤原紀香 世界こども基金』の募金活動に力を入れていました。そこに賛同者として名前を連ねたのが愛之助さんだったんです。これをきっかけに、ふたりの交友は始まったんです」(紀香の知人)

 ただ当時はお互い別のパートナーがいたため、“恋”に発展することはなかった。ふたりが急速に接近するようになったのは昨年秋頃から。

「紀香さんが歌舞伎にハマって、頻繁に観劇に通うようになっていったんです。紀香さんが愛之助さんの楽屋に挨拶に訪れるなかで次第に距離が縮まったみたいですね。しかも、お互いにブログで“歌舞伎を見に”“紀香さんが見にきてくださいました”と報告し合ったりもしていました」(歌舞伎関係者)

 紀香は最近の自身のブログで、愛之助についてこう綴っている。

《同い年で、同じ関西の血が流れる愛之助さんはとてもエネルギッシュな方。とても話しやすい素敵な友人です。常にチャレンジの方!》

 まだふたりの関係が公になっていないためか、紀香は愛之助を“友人”と表したものの、それでも紀香の愛之助への熱~い思いが伝わってくる。

「紀香さんは親しい友人などには“彼の才能にめっちゃ惚れてるの! 芸のためなら寝る時間すら惜しむ姿勢とかホントに尊敬してるの!”なんて、のろけているみたいですよ」(前出・紀香の知人)

 ふたりは7月から始まる紀香の主演ドラマ『ある日、アヒルバス』(NHK BSプレミアム)で共演することが決まっている。紀香演じるヒロインが働くバス会社の社長を愛之助が演じるのだが、公私にわたり時間をともに過ごすことで、より一層絆を深めていくことだろう。

※女性セブン2015年6月11日号

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン