芸能

能年玲奈のNG事項 犯罪者役、バラエティーの雛壇、キス等

事務所問題が注目を集める能年玲奈

 独立騒動が泥沼化する能年玲奈(21才)。『あまちゃん』の撮影中に仰天の事件が起きていた。それは第128話、福士蒼汰(21才)が演じるアキの憧れの相手、種市先輩とのキスシーンでのこと。

 騒動を報じている『週刊ポスト』(5月25日発売号)によると、このシーンの撮影時、能年が「絶対に嫌!」と、キスを頑なに拒んだのだという。

「“体当たりで演技します”と言ってつかんだ主役なだけに現場は凍りつきました。種市先輩はアキの初恋相手で、しかもお互いのファーストキスというとても大切なシーンでしたから…。結果、彼女の意向により、顔を重ねるだけの“疑似キス”になってしまったんです…」(番組関係者)

 能年と福士といえば、当時、撮影合間にふたりでアドレス交換をしていたり、劇中さながらの仲睦まじい様子が報じられ、熱愛説まで飛び出したほど。

 しかも、福士はドラマや映画、CMにひっぱりだこで、7月からスタートする月9ドラマ『恋仲(仮題)』(フジテレビ系)では主演を務めることも決定している。オリコン調べの「2014年度ブレイク俳優」で1位を獲得するなど飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優だ。

 その人気は今もとどまるところを知らず、昨年10月に放送された『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)でも、ヒロインの綾瀬はるか(30才)と福士の“壁ドン”シーンが、多くの視聴者をやきもきさせた。

「あるファッション誌のインタビュー取材では、女性記者が福士くんの大ファンで、取材と関係なく個人的に“壁ドンしてください!”ってお願いしちゃったくらいです。しかも、こういうお願いは業界的に御法度なのに、彼は快くやってくれたとか。今、業界内外で“福士ラブ”の女性が大量発生してるんです。福士くんとキスできるなんてことになったら、うれしさのあまり気絶してしまう女性がどれだけいるか…」(出版関係者)

 そんな福士が相手だった上、脚本で当初からキスシーンがあることは知らされていただけに、能年のあまりに頑なな様子に周囲が違和感を覚えたのも無理はない。

 能年は今年1月に、所属事務所とは別の個人事務所を設立し、その取締役に能年に演技指導をしてきたAさんが就いていることが発覚している。

「能年さんは高校時代からAさんに演技指導を受けてきたんです。そのAさんに福士くんとのキスシーンについて相談したようです。『あまちゃん』は、回を重ねるごとに天真爛漫なアキのキャラクターがファンをつかみ、高視聴率にも繋がっていましたから、Aさんは、キスシーンによって、アキのイメージが崩れてしまうことを危惧して、やめた方がいいと助言したそうです」(前出・番組関係者)

 結果、撮影当初は「なんでもやります!」と言っていた能年だが、この意向を受けて“キスNG”に変わってしまったのだという。

 キスNGという“鉄の掟”は、その後の出演作でも続き、昨年夏に公開された能年主演の映画『ホットロード』でも、恋人役の三代目J Soul Brothers・登坂広臣(28才)とのキスシーンは“疑似”だった。

 前出の『週刊ポスト』によれば、能年が拒否しているのは、キスシーンだけではないという。昨年冬、能年が弁護士を通じて所属事務所と契約更新の交渉をした際、彼女側が提出した書面には、これから活動をする上での数々のNG事項が列記されていたそうだ。

 例えば、キスシーン以外にも、性的なことをにおわせるシーンはすべてダメで、犯罪者や娼婦といった役柄もNG。バラエティー番組の雛壇も嫌だということが書かれていたのだという。

 双方の歩み寄りで契約更新には至ったものの、前述の通り、能年は今年1月に個人事務所を設立し、独立騒動が勃発。次の仕事のめどが立たない状態に陥っている。

※女性セブン2015年6月11日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン