• TOP
  • 芸能
  • 北大路欣也 木村拓哉撮影で現場に「息子がお世話に…」と電話

芸能

2015.06.07 07:00  週刊ポスト

北大路欣也 木村拓哉撮影で現場に「息子がお世話に…」と電話

 大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系、2013年)ではしたたかな銀行頭取役で重厚な演技を見せ、現在放送中の『三匹のおっさん2~正義の味方、ふたたび!!~』(テレビ東京系)では町内の平和を守るため私設自警団を結成した剣道の達人というコミカルな役回り。さらにソフトバンクCMでは「お父さん犬」の声優──と、古希を越えてますます芸域を広げて活躍し続ける北大路欣也(72)の役者魂には惜しみない賛辞が集まる。テレビ関係者が語る。

「『三匹のおっさん』ではロケが多くて、スケジュール調整が大変なのですが、現場がピリピリしている中でも北大路さんは笑顔で『こき使いやがって!』なんて冗談を飛ばして周囲を和ませています。

 ロケ地が商店街ということもあり、ファンが集まりすぎて撮影が中断することがあっても、『今日は来てくれてありがとうございます』とファンサービス。大物なのにすごく気さくなんです」

 現場では気遣いの人として有名だ。『華麗なる一族』(TBS系、2007年)と現在放送中の『アイムホーム』(テレビ朝日系)の両方で親子を演じている木村拓哉(42)とは仲がよく、ドラマの撮影で木村が京都のスタジオに入る前には北大路自ら連絡を入れ、「息子がお世話になります」と挨拶したという。

※週刊ポスト2015年6月12日号

関連記事

トピックス