ライフ

医者が健康のために食べてる食材 トマト、青魚、豚肉の理由

 2007年に開設され、全国の多くの医師が参加する医師専用コミュニティサイト『MedPeer(メドピア)』には、医師たちが臨床現場で得た知識や経験が集積されている。同サイトを運営するメドピア株式会社の広報担当者が語る。

「このサイトには、薬剤の処方実感を口コミとして共有できる『薬剤評価掲示板』をはじめ、疾患領域別に350人以上いるエキスパート・ドクターに相談できるサービスなどもあり、医師が様々な情報交換を行なう場となっています。また、会員医師が答えた様々なアンケート結果を一般にも公開しています。医療現場と世間との間にある医療に関する認識、知識のギャップを埋めることが目的の1つです」

 会員医師7万人(アンケート実施時。現在の会員は10万人超)を対象に行なわれたアンケートは、人気番組『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)でも紹介されて話題になったが、放送されたのはアンケートのごく一部だった。

 今回、患者にとってより気になるアンケート「医者が健康のために積極的に食べている物は何か」の結果をお伝えしよう。

 1位はトマトだ。ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」という諺があるほど健康にいい食品として知られる。生活習慣病予防や老化抑制に効果があるといわれるリコピンをはじめ、ビタミンなどの栄養素を豊富に含む。

 ヨーグルトや納豆などの発酵食品、野菜類に次いで6位に入ったのが青魚だ。菅原脳神経外科クリニック院長の菅原道仁氏が語る。

「青魚は欧米化の進む現代の食生活で摂取量が減っているEPAというオメガ3系脂肪酸が豊富。この脂肪酸は血液をサラサラにする作用があり、動脈硬化予防などにつながります。

 現代人は毎日サンマを1匹食べなければいけないほどEPAが不足している。私はサプリメント推進者ではないが、EPAはサプリでの摂取を勧めています」

 逆に肉類はあまり健康というイメージはないが、「豚肉」もランキング入りしている。横浜クリニック院長の青木晃氏(内科医)は、豚肉を毎日欠かさず食べている。

「加齢とともに、栄養などを運搬する役割を担うタンパク質である血清アルブミンの値が下がりますが、それを効果的に上げるのが肉です。

 特に豚肉には糖や脂質の代謝を促すビタミンB群が多く含まれている。高齢になるほど食べるべきだと考えています」

※週刊ポスト2015年7月10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス