• TOP
  • 国内
  • セクハラ被害ウグイス嬢 加害者のため一日中笑顔続ける苦痛

国内

2015.07.02 16:00  週刊ポスト

セクハラ被害ウグイス嬢 加害者のため一日中笑顔続ける苦痛

 東京都の市民団体「女性と人権全国ネットワーク」が「ウグイス嬢たちのセクハラ・パワハラレスキュー」と名づけた相談窓口を、今年4月に行なわれた統一地方選挙を機に開設した。共同代表の佐藤香氏がいう。

「4月から5月の半ばまでの1か月半に31件の深刻な事例が寄せられました。そのうちの4割が4月の統一地方選での被害で、6割がそれ以前のものでした」

 セクハラの加害者といえば候補者がまず頭に浮かぶが、それだけではない。

「運動員・選対事務局員が全体の42%で最多です。続いて候補者が26%、後援会・支持者が19%です」(佐藤氏)

 絶対数の多い運動員が加害者となるケースは事件になりにくいという。

〈運動員の男性に「カンチョウ」された。冗談ぽくやるので周囲の人もそれを見て笑っているが、ウグイスをしているときはスカートだし、すごく嫌だ〉

〈選挙カー内で下半身を触られた。怖くなって途中で降ろしてもらい、その日はタクシーで帰った〉

〈「帰ったら彼氏とチョメチョメするんだろ」などと卑猥な冗談を言われた〉

 セクハラ加害者のうち後援会・支持者は19%と少数派だが、被害はより深刻だ。特徴は、その日の選挙運動を終えた夜の接待の強要である。

〈レストランに行くと地元の支持者と思われる男性たちがおり、そのままお酌をさせられた。やっと食事が終わってホテルに戻ろうとすると、その男性の一人がホテルの部屋に押し入ろうとしてきた。やっとの思いで断わったが、「ウグイス嬢は夜も接待するものだろう」と言われた〉

〈選挙後の打ち上げで、たくさんの人がいる前で胸を鷲掴みにされた。お座敷では股の中に手を入れられた〉

 そしてウグイス嬢という仕事が彼女たちの苦しみを増幅させる。

「被害女性たちはいくら辛い目に遭っても、加害者である候補者やスタッフのために、一日中笑顔で声を出し続けなければならない。その苦痛たるや、並大抵のものではありません」(佐藤氏)

※週刊ポスト2015年7月10日号

トピックス