• TOP
  • グラビア
  • 江戸川乱歩ドラマ 名女優の官能シーンが必ず用意されていた

グラビア

2015.07.04 07:00  週刊ポスト

江戸川乱歩ドラマ 名女優の官能シーンが必ず用意されていた

『五重塔の美女』に出演した片平なぎさ(昭和56年)

 昭和52年から17年間に及んだ人気の2時間ドラマ『江戸川乱歩の美女シリーズ』(テレビ朝日系/全33作)。天知茂らが明智小五郎に扮した昭和の記憶に残るこのドラマには豪華女優陣が出演していた。

 例えば、『五重塔の美女』(昭和56年)に出演したのは、当時『新婚さんいらっしゃい!』の4代目アシスタントだった片平なぎさ。本作では殺人事件の容疑者として追われる看護師役で、白衣姿が初々しくも色気がかぐわしい。

『黒真珠の美女』(昭和60年)には、同作放送の2年前、『連想ゲーム』で共演した大和田獏と結婚した岡江久美子が出演。殺人事件に巻き込まれる美人画商を演じた。28歳の新妻の和服姿がまぶしい。

『桜の国の美女』(昭和55年)に出演したのは、カネボウのCMでデビューしブレイクした古手川祐子。同作のヒロインにシリーズ最年少の20歳で出演、明智小五郎の敵役・黄金仮面に狙われる深窓の令嬢を演じた。

 このシリーズは、土曜21時からという放送時間にもかかわらず、リアルな殺害シーンや、入浴や男女の情事などの官能的な場面を必ず用意。由美かおるが濃厚なキスシーンを演じたほか、叶和貴子も大胆に裸体を披露した。

 何かと規制が多く、視聴率も振るわない昨今のテレビドラマ。それだけに昭和の女優たちが魂を込めて挑んだ名作がまぶしい。

■『江戸川乱歩の美女シリーズ Blu-ray BOX』発売中(天知茂主演の25作を収録)発売・販売元:キングレコード 価格:4万6000円+税 (c)松竹株式会社

※週刊ポスト2015年7月10日号

関連記事

トピックス