• TOP
  • スポーツ
  • 長嶋茂雄の全裸素振り なぜ全裸だったのかについて本人語る

スポーツ

2015.07.13 07:00  週刊ポスト

長嶋茂雄の全裸素振り なぜ全裸だったのかについて本人語る

 巨人V9始まりの年から今年で50年。かつてのプロ野球選手には、様々な伝説が語られていた。なかでも「伝説」が多かったのは長嶋茂雄氏だ。新刊『巨人V9 50年目の真実』(小学館)では、長嶋氏が“フルチン素振り”の真相について語っている。

《長嶋茂雄氏の証言》

「(フルチン素振りは)確かにやりました! もちろん夏場ですよ。冬は寒いから、さすがにフルチンじゃない(笑い)。

 暑いからではなく、フルチンじゃないと、上半身と下半身のバランスが分かりづらいんですよ。いいスイングは下半身がグッと締まる。下半身が小さく、静かな状態でないとダメ。大きく激しく動いて、アソコが太ももに“パチン”と当たっていてはダメなの。何て言うかな、“プシュッ”と当たらないといけない。上半身と下半身のバランスがいいと、アソコが当たる時にそんな音がするんだよね」

 黒江透修氏もミスターのフルチン素振りに立ち会ったと明かしている。ただし黒江氏は「プシュッ」の境地に達することはできなかった。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号

関連記事

トピックス