• TOP
  • ライフ
  • 【戦前の珍記事】全国を股にかける全裸ダンス団 大阪で摘発

ライフ

2015.07.13 16:00  SAPIO

【戦前の珍記事】全国を股にかける全裸ダンス団 大阪で摘発

 今でこそ「品格と節度」(新聞倫理綱領)を掲げる新聞だが、戦前までは事情が違った。明治、大正、昭和初期の新聞をめくると、「朝日」「読売」などの全国紙も売り物の目玉記事は、男と女のスキャンダル。現代の週刊誌と見紛うほどの色っぽい仰天記事にあふれているのだ。『三面記事から見る戦前のエロ事件』(彩図社刊)の著者・橋本玉泉氏協力の元、当時の新聞を飾った「エロ・グロ」事件を厳選した。

【全国を股にかける秘密結社 全裸ダンス団が大阪で摘発(昭和6年7月7日・大阪朝日新聞)】

「西大阪の民家で裸体レヴュー団が踊り狂っている」という情報を得て、内偵を重ねた警察官十数名がある晩、満を持して民家に踏み込んだ。すると20畳の大広間をダンスホールにして、〈十数名の男女が一絲も纏わず痴態の限りをつくし踊りに夢中〉となっていた。

 警察に連行されたのは、大阪市東成区の男性(30)をリーダーに男女20数名で結成された 〈裸レヴュー団〉のメンバーとその会員。メンバーは会社員、重役、未亡人ら200人に及ぶ会員を募り、全国各地で「全裸ダンスショー」を披露していた。

 その際、踊り手は素性を隠すため、お多福やロボットなどの「お面」を被って踊り狂っていた。想像するに、シュールな光景である。

 このショーの鑑賞費用は1回10円。現在の2万~3万円に相当し、昭和恐慌で貧窮していた庶民からすればかなり豪華なステージだった。ちなみに、同年9月には満州事変が勃発。戦争の影が濃くなる中で起きた破廉恥事件である。

※SAPIO2015年8月号

関連記事

トピックス