ライフ

昭和の「お色気歌謡」が再人気 活力や希望取り戻す応援歌に

 エロ、アダルトが溢れた現代に欠けているものはなにか。大人力コラムニストの石原壮一郎氏は「それは昭和のお色気だ」と喝破する。昭和のお色気歌謡の代表作がいまリバイバル人気だという。

 * * *
 今の日本に足りないものは何か。今の日本が必要としているものは何か。それは「お色気」です。世の中にもっとたくさんの「お色気」があふれたら、日本は、とくにオジサン世代は、活力や明日への希望を取り戻してたちまち元気になることでしょう。

 たしかに、街には露出度の高い服を着た女性がたくさん歩いているし、出版物にもネットにも、過激なコンテンツがあふれています。しかし、それらは「お色気」ではありません。どこか攻撃的なセックスアピールや、単に劣情を刺激するエロではなく、「お色気」は男性のスケベ心を大らかに包み込みつつやさしくくすぐってくれます。

「お色気」をきちんと評価する機運の高まりも、徐々に感じられるようになりました。公開中の映画「海街diary」では、撮影を始めるにあたって是枝裕和監督は、4姉妹の次女を演じる長澤まさみに「お色気担当でお願いします」と話していたとか。長澤はその期待に見事に応え、「お色気」のパワーと重要性を示しつつ映画は大ヒットしています。

 そして「お色気」といえば、忘れてはならないのが、昭和の高度経済成長期に日本の男性たちを大いに元気づけた「お色気歌謡」の数々。奥村チヨ「恋の奴隷」、伊東ゆかり「小指の思い出」、夏木マリ「絹の靴下」、青江美奈「伊勢佐木町ブルース」、山本リンダ「どうにもとまらない」などなど、こうしてタイトルを見るだけで胸がときめきます。

 今もカラオケの定番で、いわば「お色気歌謡」の代表格とも言えるのが、畑中葉子が1980年にリリースした「後から前から」。ただ過激なだけではない完成度の高い歌詞とメロディーは若いアーティストたちにも人気で、ステージで歌われることも多いとか。

 7月20日の「海の日」には東京・お台場のイベントスペースで、畑中葉子がプロデュースした「後から前からTシャツ祭り」が開催されました。往年のおじさんファンから若い女性まで、たくさんの善男善女が集結。おそろいの「後から前からTシャツ」を着て、変わらぬ美しさと歌声で「後から前から」などを熱唱する畑中に、熱い声援を送りました。

 畑中は2010年に芸能活動を再開。それより前の2007年に(本人も知らないうちに)発売されていたベスト盤CD「GOLDEN☆BEST」(「後から前から」や「もっと動いて」など「お色気歌謡」の名曲をたっぷり収録)は、今もロングセラーで売れ続けています。昨年は4枚組CD「後から前からBOX」をリリースし、こちらも大好評でした。

 どうやら、時代は「お色気歌謡」を求めています。オジサン世代としては、その魅力を再認識し、一丸となって「お色気歌謡」を応援していくことで、広く「お色気」の素晴らしさを知らしめ、世の中も自分も元気にしてしまいましょう。

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン