• TOP
  • 国内
  • 高須院長 安保法案を高評価も名称変更を提案「いっそANPに」

国内

2015.08.01 07:00  NEWSポストセブン

高須院長 安保法案を高評価も名称変更を提案「いっそANPに」

安保法案を評価する高須院長

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、衆議院で可決され、参議院での審議に入った安保法案について、お話をうかがいました。

 * * *
──今回は、安倍政権による安保法案について、ご意見をうかがいたいと思います。院長はツイッターなどでも、日頃から安保法案に賛成の立場であることを明確にされていますよね。

高須:もちろん賛成だよ。どうして反対している人がいるのがわからない。ツイッターなんかで安保法案に反対している人の中には工作員もいるんじゃないの?ってさえ思っちゃう。法案の内容をよく知らない人に向けてのプロパガンダっていう意味合いなのかもしれないね。だって、「徴兵制反対!」なんて言ってるけど、自民党は誰も徴兵制をやるなんてことは言ってないんだよ。

──反対派の意見と法案の内容が噛み合っていないという感じですね。

高須:民主党としてはとにかく安倍政権に反対するっていうことが目的なんだろうけど、仮に政権をひっくり返しても、民主党が同じような安保法案を出してくるかもよ。自分たちの手柄にしたい、っていうね。

──国会周辺では安保法案に反対するデモ活動も行われていますが、これらについてはどう感じていますか?

高須:60年安保のときと比べると、だいぶ様変わりしたと思うね。あのころは本当に国会に突っ込んでいったし、警察と衝突することもあったし、死者だって出た。そもそもデモってものは、ものすごく危険なものだと思うんだけど、今のデモはそうではない。子供を抱いている人もいるし、危険なことをやってるっていう意識は薄いんだろうね。そのくせ「倒閣する!」なんて過激なことを言ってて、ちょっと理解に苦しむなあ。あと、炎天下のデモに子供を連れて来ている人もいるでしょ。あれは絶対にダメ。熱中症になっちゃう。あれこそ危ない。

──たしかに、将来の子供の安全も重要でしょうが、今現在の子供の安全や健康を蔑ろにしては意味ないですもんね。

高須:そう。それと、反安倍派の言っていることは、どうも感情論にしか聞こえないんだよ。「子供を戦争に行かせたくない!」って主張しているけど、戦争に巻き込まれないための安保法案なんだから。そういう理屈に耳を傾けないで、ただただ感情で反対しているだけに見える。ちょっと幼稚な感じがしちゃうなあ。昔は左翼じゃないとインテリじゃないなんていう雰囲気で、みんな無理してマルクスなんかを読んでいたけど、今はそういう感じでもないみたいだね。

関連記事

トピックス