• TOP
  • 国際情報
  • 実際は性能高い韓国車 日本で売れなかった理由をマニア解説

国際情報

2015.08.02 07:00  週刊ポスト

実際は性能高い韓国車 日本で売れなかった理由をマニア解説

 女性モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。今回は、欧米では多く見かけるものの、日本ではあまり見かけない韓国車についてだ。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が、なぜ日本では韓国車があまり売れなかったのかについて解説する。

 * * *
 日本では韓国車についてネガティブな報道が多く、ヒュンダイ車は雨漏りするとか、アメリカで燃費を水増し表示してバッシングされているとか、悪い話ばかり耳にするが、実際に乗るとあまりの差のなさに愕然とする。

「そうは言っても、ヒュンダイは日本でさっぱり売れなかったじゃないか!」

 確かにヒュンダイの乗用車は、2001年から2010年まで日本で販売されていたが、極度の販売不振が続いて撤退した。

 だが、当時売られていたソナタ、グレンジャー、i30も、デキは決して悪くなかった。なにしろヒュンダイは、グループとしてはいまや世界第5位。販売台数はホンダよりずっと上というほど巨大だ。傘下のキア(起亜)も含め、欧米でも売れまくっている。欧米で売れるクルマがそんなに粗悪なはずがなかろう。実力は相当なものだ。

 それほどのクルマが、なぜ日本で売れなかったのか?

関連記事

トピックス