国内

太らぬ体作りや老化防止も 「第三のミルク」の効能を解説

「肌がきれいになった!」「疲れにくくなった!」「便通が改善した!」――そうした声が愛用者から聞こえる、とある飲み物がブームの兆しをみせている。牛乳、豆乳に次ぐ第三のミルクといわれる、ライスミルク、アーモンドミルク、ココナッツミルクだ。おやつ代わりに飲んだり、料理に取り入れたりと楽しみ方はさまざま。

 それぞれどんな特徴があるのだろうか。

【ライスミルク】

 ほんのりとした甘みと、とろっとした質感が特徴で、米食の日本人になじみやすい。やせやすい体作りやデトックス、ストレス解消に効果があるGABAという天然アミノ酸などの成分を多く含む。

 筑波大学 生命環境系教授の北村豊さんは言う。

「精白米から作ることもできますが、より栄養価が高い玄米で作ったほうがおすすめです。玄米には、炭水化物の分解を促すビタミンB1、体脂肪を燃やす働きをするB2、たんぱく質の分解・合成をサポートするB6など、ビタミンB群が豊富に含まれて、代謝をアップさせてくれるので、太らない体作りに役に立ちます。また、糖質の吸収速度と血糖値の上昇をゆるやかにし、便通を改善する水溶性食物繊維が、精白米の6倍含まれています」

【アーモンドミルク】

 アンチエイジング効果のあるビタミンEを多く含み、若々しい体作りにぴったり。ミランダ・カー(32才)、アン・ハサウェイ(32才)、グウィネス・パルトロウ(42才)らといったセレブが、その完璧なスタイルと美貌を保つため、こぞって愛飲しているという。

「主成分となるオレイン酸は、不飽和脂肪酸という種類の脂質です。血中の善玉コレステロールの値を上げて、悪玉コレステロールを下げる働きがあります。心筋梗塞や脳梗塞などのリスク軽減に役立つほか、くすみや肌荒れ予防にもつながります。オレイン酸は加熱しても栄養成分が壊れにくいので、スープなどの料理に加えることができます。

 老化を防ぐ、抗酸化作用のあるビタミンEも豊富です。がんや心臓病などの病気から身を守るほか、血行をよくし、代謝の促進や冷えの改善にもつながります。

 そのほか健康維持に欠かせない、カルシウム、亜鉛、鉄、マグネシウムといったミネラルも含んでいます」(慶応大学医学部教授の井上浩義さん)

【ココナッツミルク】

 ココナッツの白い胚乳部分をすりおろし、水を加えて漉して絞って作る。脂肪の燃焼や食欲の抑制、疲労回復、認知症予防に役立つ中鎖脂肪酸などの成分を含むという。

「中鎖脂肪酸は脂肪がたまりにくくなるほか、疲労回復時に向いています。さらに、糖質を控えた上で中鎖脂肪酸を摂取すると、ケトン体を作り出します。ケトン体は体に蓄積されると空腹を感じにくくなるので、太りにくい体作りのサポートとなるでしょう。脳のエネルギー源にもなり、認知症の予防や改善に効果があるとされています」(井上さん)

 毎日の食生活に補助的に取り入れ、いつまでも若々しく元気で美しい体をめざそう。

※女性セブン2015年9月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン